俊「はじめまして

加奈「はじめまして

俊「緊張する?

加奈「うん

俊「大丈夫だよ

といって俊は私の膝に手を置きました。

何処に行くと決めたわけでもなく、俊は車を走らせてホテルに入って行きます。

私が俊の顔を見ると

俊「いや?

と言うので首をブンブン横に振りました。

この時点で、私は俊を受け入れていたのです。

部屋に入ってソファーに座ると、いきなりの接吻。

唇が触れている時間が20秒はあったと思います。

熱くて、濃くて。

時間が止まったかのようでした。

大人の男性を感じた瞬間です。

そのまま俊の手は私の上半身へ。

汗ばむ夏でしたので、装いは薄着です。

服の上から胸元を触られているかと思えば、いつの間にか乳首が露出していました。

加奈「あっ
(ビクン!)

私の体が反応します。

接吻の次は乳首責め。

転がしたり、吸ったり、摘まんだり上手く使います。

着ていたTシャツを脱がされて、ブラのホックも外れました。

次ページへ続きます

あなたにおすすめの記事