涼「クリが好きなんだろ?

私「そう。気持ちよくして

涼「べちゃべちゃだぞ

速攻で息子を扱きます。

クンニからでした。

最初はベロ~んと数回下から上に舐め上げます。

涼の舌はイジリー岡田でした。

私「ぁあ~、もっと早くして

涼の必死さが感じ取れました。

すると、クンニを辞めて何処かに行ってしまいました。

戻ってきた涼の手にはローターと電マがあったのです。

涼「これでイかせるからな

涼のクンニで勃起したクリトリスにローターの振動を感じました。

涼「自分でやってみて

オナニーを指示されます。

直ぐにローターを手に取り、自らクリトリスに当てました。

私「あ!

クリトリスの右にしばらく当てます。

腰がぐ~んと上がって我慢します。

クリトリスの左に当てます。

また腰をぐ~んと上げて堪えました。

次ページへ続きます

あなたにおすすめの記事