そしてクリトリスの先端に当てて

私「あ~ヤバい

先端からマンコの方に動かしてを繰り返します。

私「ぁあー!!ダメ!イキそう...

もう一度、クリトリスの先端を刺激した所で

私「イクっイクっ!!

絶頂。

正味10分ぐらいのオナニーでした。

その間、涼は息子を扱いていました。

涼「エロいな

もう挿入しか頭にない私は涼の息子にしゃぶり付きました。
(じゅぽっ、じゅぽっ)

わざと大きく音を出して刺激します。

手は玉をマッサージ。

スジを舐めて、ついでに玉も舐めます。

涼「やめて

と言われたと思うと、肩を押されて倒れました。

ガバっと開脚されたと思ったら電マ攻めが始まります。

さっき、オナニーでイったので我慢できる自信がありませんでした。

電マを当て始めてから1分も経たずして

私「あ!ダメ!イク!

もがきます。

涼「もうイっちゃうのか?

電マを押しつけてきます。

私「イ、イっちゃう...あーーーー!

次の瞬間。

(ぶしゃーー!)

潮を吹きました。

涼は電マを当て続けます。

次ページへ続きます

あなたにおすすめの記事