バツイチの欲求不満の女を責めたおしたエッチな体験談。

出会い系でヒモ状態の夫を切ってバツイチな女性と知り合う。

カレンさんは36歳。

溜まった時は出会い系で男をみつけるキャリアウーマン。

会いに行って即ラブホテルへという約束だ。

うーん美人だ。

テレビに出てそう。

スーツに包まれたボディがムッチムチしてる。

こんなイイ女とオ〇ンコできるのか

と口に出して言うと「ええ」とニッコリ。

自分が選ばれたのも「下品だから」という理由だ。

そんな気分だったのか趣味かだろう。

ラブホの入り口でいちゃついてみる。

ほかの客や通行人に見せつけるためだ。

・・あぁ

視線が気になる様子。

みんな俺にハメられてるカレンを想像してるよ

そう言うとブルっと震えて熱い息を吐いた。

部屋に向かう廊下で下を全部脱がせると「いやぁっ」小声で叫んだ。

尻を叩きながら「とっとと俺とマ〇コする部屋へいくんだ」と命令。

そそくさと早歩きで向かう。

部屋に入るとガニ股にさせマ〇コをチェック。

濡れてるな

またブルっと震えた。

シャワー浴びたい?

彼女はうなずくが「洗わないでハメる

えっ今日はずっと

と狼狽してるカレンの服を強引に剥ぎとった。

鼻を近づけると汗臭い。

くせーな、チ〇ポびんびんになってくるぜ

小さく「いやっ」と聞こえた。

汚れた身体を舐められるのがキツイようだ。

でも脇も乳首もマ〇コもベロベロ舐めた。

んっんっはあぁぁっ

気分が出てきた様子。

乳首もクリもコリコリさせてる。

ガニ股で指マンすると「うあぁぁっあうぅっあうぅぅーーっ」彼女も下品に腰を動かした。

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事