イかされまくってしまった女性のエッチな体験談。

私が涼と出会ったのは、20歳の時。

彼は私より20コ年上でした。

出会い系サイトでやり取りしている時から下ネタが多かったです。

涼「手マン好き?

私「クリ攻めが好き

涼「電マは?

私「めっちゃ好き

涼は常に女性をイかせる事を考えていました。

私は7月が誕生日で、祝ってくれるという事で会うことになりました。

どうせヤリモクなんだと思って会いました。

私の家の近くまで迎えに来てくれて、ドライブする事に。

山の中でカーセックスかなとか私も変態ばりの妄想をします。

ですが、その日は仕事の話しをして、少し外を歩いて解散。

ん?

ヤリモクじゃない感じ?

その後、涼と連絡するのはたまにでした。

ある日。

涼「今日会えない?

私「夜ならいいよ

食事のお誘いがありました。

遅くなりましたが、涼は独身です。

その夜、付き合おうと告られました。

ヤって終わりと思っていたので意外な展開に直ぐ返答できず。

涼「いや?

私「あ、ごめん。宜しくお願いします

付き合うことになりました。

この後、涼の家に向かいます。

そして、いざ本番!

かなり興奮したのを覚えています。

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事