誰が見ても美人だと評価されるような女。

誰が見ても美人だと評価されるような女。

"ひと妻とエッチ目的でいろんな出会い系サイトを使って見つけた女とのセックス。

最初は顔が命で選んでいた。

とにかく誰が見ても美人だと評価されるような女とのセックスが最高だろうと考えていた。

顔立ちが美しく整い、パーツも綺麗な女性しかも人の妻であるなら最高に燃える。

最初に希望の条件でゲットした女というのはとにかく美人だけど淡白で、エッチにも受け身で消極的。

出会い系で男とあう目的を見いたら浮気目的だというが、俺には到底セックスが好きには見えなかった。

次に出会った女、体で選んだ。

とにかくエッチは良かった。

たわわな胸、夫に吸われているのか適度に垂れている。

肩のラインから胸にかけて非常にエロい。

触らせてもらうともう、この上ないエロさ。

スベスベであり、胸はふっくらと柔らかい。

乳首は固くいぢるたびにコリコリとたってきていた。

乳首固いね。感じてる?」と直接聞かれるのも慣れてないみたいで、「いやーん」というように恥じらいを見せていた。

俺は固くなっている乳首を口に入れて、歯を立てずに口で吸い付いてみた。

あっんあん!!!」低い悶える声が部屋に響いた。

そんなにいいのか。

気持ちいい?」と乳首をソフトに触りながら聞いてやると「こくり、とうなずいては、あっんあん!」とよがる。

いいの!すごく。ソフトにいじって」と素直に伝えてきた。

人差し指と親指でソフトにいじってやると、背筋をピンと張ってみては、乳首を硬直させている。

俺はたまらなくなって、女の手を女のあそこに導いていった。

そのまま、指先であそこをいじりながら、オナニーしだした。

秘部が濡れていることがわかる。

秘部がキラキラと濡れており、ジュクと音が聞こえた。

あん、あん、ああん、」自らの自慰でたまらなく気持ちいい様子。

もうダメだというように女は俺のものを求めてきた。

勢いよくあそこを出そうとしている。

まごついているが、ポロっと俺の先端を出した。

ねえ、おねがいよ、もうこれ入れてほしいの」というようにおねだりしてみせる。

その姿はもう淫乱な女そのもので、エロい。

早速俺はパクリと待ち受けている穴にアレを突っ込んだ。

あう。あああ、気持ちいい」ようやく与えられたご褒美に歓喜している女、懸命に腰を振りつけていってしまったようだ。

とにかくひと妻はエロい、快楽をよく知っているということもあるが、夫に調教されているのか、体の感度も高い。

何よりもひと妻は他人の男の女だから燃える。"

あなたにおすすめの記事