A子と二人きりで会うようになったのは、祭りから2ヶ月程が経った頃。

グループで居る時は誰かが話を振ってくれるのですが、1対1だとどちらかが話をしないと場が持たないため、会うよりSNS上で連絡していたほうが楽と思ったこともあるのですが、会わないと会いたいと思うようになるから不思議。

SNS上でもサプライズすることは可能なのですが、彼女が驚くところを直に見てみたい、その時間を一緒に共有したい、私は驚かそうと彼女の誕生日の時にプレゼントを渡しに行くと

彼女、「男の子からプレゼントもらうの初めて

私、「僕も女の子にプレゼントをあげるの初めてだよ

二人で居ると会話が持たないのは相変わらず、その場合は二人でSNSを利用。

話のネタが見付かったらまた二人で話す。

ネタ切れになったらネットでネタ元を探す。

二人にとってSNS(ネット)は潤滑油。

一緒にいれば言い争うこともあるのですが、その場合でもSNSを介して意見を求め仲直り。

テスト勉強で会えない時でもSNSで繋がっていれば寂しくない、SNSが心の繋がりになると人に、特に家族に対して優しく接することが出来るようになり成績は向上しました。

学生の本分は学業、A子と親しくしていても、A子と付き合って成績が上がったことは親も知っているため、二人の交際に親は協力的です。

親は古い考えの持ち主のため、A子との出会いがSNSと知ると当初は困惑していたと思うのですが、恋愛の形は時代で変わるものと今は理解をするよう努めてくれています。

親の理解そして協力もあり私達は第一志望の学校に合格。

A子は自宅から通える学校。

私は県外の学校のため一人暮らしを始め私達は離れ離れに。

しかし、SNSで繋がっていれば心はいつも一緒。

そう強がりが言えたのはゴールデンウィークまでのこと。

次ページへ続きます

ランキング
あなたにおすすめの記事