突然イラマチオを始めたエッチ?な体験談。

世の中には色々な女性がおり、SNSで知り合ったA子(仮名)は、変わった性癖の持ち主です。

私がSNSを利用するようになったのは就職をしてからのこと。

学生の時は悩みを相談できる友達が身近にいたのですが、社会人になると皆忙しくなるため疎遠に。

私にとってSNSは良き相談相手でもあるのです。

私がSNSでストレス解消を求めるとコメントをくれたのがA子。

彼女が教えてくれたのは「毒を以て毒を制する

この諺(ことわざ)の意味は理解出来るのですが、どのようなシチュエーションのストレスに有効なのか、具体的にどのようにしてストレスを解消するのかを知りたく、私はA子にメッセージを送りました。

すると彼女から返信メッセージが届き、そこには、「ストレスかどうかを判断している臓器は脳、脳は私達が思っているほど賢くはなく、複数のことを同時に処理する能力は有していない。だから、ストレスを感じたら、自分でコントロール出来るストレスを新たに加えることで、他のストレスは感じなくなる」。

例えば、笑うのを堪えるために指で体をつねるのは、可笑しいのを痛みに変換。

失恋をして傷付いたのに、それでも新たな恋をするのは、その恋が終わる時には昔の失恋は過去のものになるから。

A子に興味を持った私は、「時間が合う時に食事でも」と社交辞令で送ったメッセージが現実となり、私は彼女と会うことになりました。

彼女が女性であることは以前から知っていたのですが、私にとって彼女は相談相手。

そのため彼女の容姿や年齢には無関心。

仕事での取引相手と会う気持ちで待っていると、スレンダーと言うよりは痩せ過ぎと思える女性が私に「〇〇さん?

自分の名字を呼ばれ、その女性がA子と分かりました。

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事