下着姿の彼女の両手を縄で拘束した。

俺の趣味嗜好にあう一般人との遊びは出会い系が優先

"レイプ。

それは犯罪的な印象を与える呼び方。

強姦、強制強姦もしかり。

だから俺は出会い系。

レイプは男なら誰でも願望はある。

誰もが綺麗で無防備な女を見たら、襲いたくもなるから。。レイプもののビデオは数多くみたし、実行に移したくなるのが普通だと思う。

俺は古風な女が好きだ。古風な女なら誰でもいいし、40前が一番なまめかしいので、生身の体を拝借したいのに、出会いがない。

出会い、出会いがないので出会い系を使っている。

俺が感じるメリットは一般人との出会いがあること、年齢幅が広いこと。

俺のように熟女を好むという人間にはちょうどいい。

出会った女性はさえない感じ。

地味で100人なみに見える容姿、若く見えるけど、子供っぽくも見える。

私脱いだらすごいんです。。タイプか。

と期待して早速だけど、食事でお腹を満たしたらすぐにホテルへと連れ込んだ。

控えめで無口な女性の肩を持ち、いいだろう?と。

とにかく無口で控えめで。。脱いでくれよ。無骨に伝えると女も応えた。

うん。

ゆっくりと服を脱いでいく。

白い肌の全貌が現れ始める。

中年らしいワンピースの下着、シルクか。肌を一層引き立てた。

裸エプロンか、それともレイプごっこか、どっちの気分か考えた末に、彼女にはレイプごっこに付き合ってもらうことに。

わけは、相手も遊びで興味があると言うから。。レイプごっこ。。ワンピースタイプの下着姿で両手をハンカチで拘束した。

そして、後ろ手で縛りつけた。

口にも少しテイッシュを詰めて、叫び声をあげられないようにしている。

んんん。。床に座らせ、膝を立たせて足を開かせてゆく。

俺は彼女の意志に関係なくその姿勢でパンティを剥ぎ取ろうと手を伸ばした。

んん?。抵抗する女。

パンティを膝まで引きずり下ろしてみる。

足元でクシャっとなっているパンティ、彼女は急いでそれを手に取り隠す。

俺は強引に後ろに押し倒して強姦した。

愛撫することもなく、押し込んだ。

んん。。彼女は口で抵抗している。

一通りやると、胸の方へ手を伸ばしていき胸を揉んだ。

柔らかくシルクのような肌、小さな乳輪といたって女性らしく魅力的な体だ。

こうして、俺たちのプレイは終了。

このシチュエーションは、ビデオで見た内容を元にしている。

よかったよ、そう女にいうと、そう。

という。

中年というにはもったいないくらいの美しい女性、出会い系でこそ見つかった相手だと思う。

人の心の奥、願望をひっそりと叶えてくれるもの、それが出会い系。"

あなたにおすすめの記事