マッチングアプリで再会。

見つけた彼女は昔の教育実習生だった

"「清水風太だけど、やっぱり思い出せない?
ぼくが二度そう名乗ると、亜美は眼をすがめてじっとぼくを見つめた。
しばらくそうしたあと、急に、
ええっ、もしかして?
そう、三年三組だった清水風太」
あー、ふーたくん
とたんに、亜美は教師の顔に戻って、ぼくを見つめた。
八年前、亜美は教育実習生として、ぼくらの高校にやってきた。
ぼくが高校一年生の時だ。
実習中から、男子の間で、人気の女性だった。
その体が、やたらとイロッぽかったからだ。
亜美が再びやってきたのは、その二年後。
担任の女性教師が妊娠で休業したために、その穴埋めとして臨時にやとわれたのだ。
それまでの副担任が担任となり、亜美が副担任となった。
やたら色っぽい亜美を、ぼくはいつも、その服のなかの体を想像しながら、おかずにしたものだ。
そんな彼女と、マッチングアプリで再会するなんて、夢にも思わなかった。
僕は社会人になったばかりで、彼女をさがすために登録していたんだ。
ぼくらはしばらくそのイタリアンレストランで、高校以来の出来事をおしゃべりした。
でも、まだるっこしいことはおいてこう。
あけすけに、ラブホテルに誘ったら、亜美はうつむいた。
でも、否定はしなかった。
だから、強引に手を引いて、ラブホへ向かった。
亜美は逆らいはしなかった。
ラブホに入って、あせらずに、お互いシャワーをあびた。
服を脱いだ亜美の体は、あの頃想像したより、少しふくよかになっていた。
熟れた、ということだろうか。
抱きしめ、キスをする。
すくに長い舌を絡ませてきた。
ぎゅっと抱き合い、舌を舌をからめる、この時間が、とても好きだ。
たっぷりとディープキスをすると、もう亜美の呼吸が荒くなっていた。
お姫様抱っこして、亜美の体をベッドに運んだ。
ベッドの上でも、たんねんにキスをする。
今度は、キスしながら、たっぷりと容量のある胸を、手のひら全体で揉んでいった。
あの頃、おかずで想像するしかなかった女体が、いま、こうして自分の手の中にあると思うと、感無量だった。
手をもっと下へ滑らせる。
亜美の下は、意外に毛深かった。
密集した陰毛の奥をさぐると、割れ目が熱をもってぬめぬめと濡れていた。
けっこう、淫乱なんだな
ぼくが軽く言葉で責めると、亜美は「いや」と苦し気に顔をそむける。
思ったとおりだ。
亜美は、M。
ぼくはぐちょぐちょと亜美の性器をかきまわし、
ほら、こんなに感じるじゃないか。淫乱な女の証拠だろ?
なんて、言葉でなぶったりする。
亜美は、はうううっ、とえも言われぬ顔になる。
ぼくはさらになぶってから、亜美を裏返しにした。
両手首を、タオルで軽くしばると、
ああ、いじめないで
と切ない声をあげた。
亜美の腰を持ち上げ、ぴっちりとしまったお尻の間に指をはわせる。
もうそこは濡れて、とろりと愛液を湧き出させていた。
ぼくはそのまま、じっくりと性器を愛撫していったけど、亜美が甘い声で懇願した。
はァあ、お願いィ
なんだよ、ほしいのか?
亜美はそれには答えず、かすかにうなずいた。
もう少しいじめてやろうかとも思ったが、初回はこのくらいにしておこう。
ぼくは、十分に硬くなった自分のモノを、亜美のそこに、突っ込むと、ワッシワッシを腰を前後させ始めた。

……これが、ぼくと亜美の付き合い始めのことです。
彼女とは、まだ続いています。"

ランキング
あなたにおすすめの記事