次におしりをいやらしく撫で回してみました。

それでも拒否するような反応はなし。

僕は意を決して、彼女の手をグイっと引き、男子トイレの中に彼女を引き込みました。

間髪いれずにディープキス。

舌で彼女の口の中をかき回すと、彼女の口から吐息が漏れます。

僕はスカートをたくしあげ、パンティーの中のおまんこに、一気に指を入れました。

そこはすでに熱くなって、とろとろの愛液で溢れていました。

僕がキスしながら指を出し入れすると、彼女は気持ち良さそうに「あん、あん」と鳴きました。

しばらく手マンを続けると「あっ、もうダメ」と膝をガクガクさせ、床にへたりこむようにイッてしまいました。

彼女を気持ちよくさせたのだから、僕も気持ちよくなっていいはず。そう思って、僕はズボンから自分の息子を取り出し、無理やり彼女にくわえさせました。

彼女はちょっと苦しそうな表情でしたが、逆にそれに興奮し、僕のものはギンギンに。

我慢できず、彼女を立たせて、立ちバックから一気に挿入しました。

マジで気持ちよく、そのまま一心不乱に腰を打ちつけると、彼女は再びガクガクといく前兆のような我慢できないような反応を示してきました。

ああっ、またいっちゃう。いっちゃうようっ」と叫ぶので、僕はもピストン運動を早め「俺もいくよっ!」と宣言しておちんちんをおまんこから引き抜き、彼女をひざまづかせました。そして髪をわしづかみにして、顔面に白濁液をぶちまけました。

そしてもう一度、彼女の口におちんちんを突っ込みお掃除フェラまでさせてしまいました。

次ページへ続きます

ランキング
あなたにおすすめの記事