同じ団地に住む欲求不満の人妻とセックスしたエッチな体験談。

TwitterにDMを送ってきたのは同じ団地に住む欲求不満の人妻だった

twitterにdmが入っていた。

普段dmなどくることがないので、少し勘ぐりながら、見てみると、住んでいる場所が近いので、なんとなくフォローしていた女性の方からだった。

こんにちは!突然すみません。プロフィール画像がすごくわたしのタイプなので、ついdmしてしまいました。

僕は思わず一人で笑ってしまった。

これは絶対になにかの罠に決まっている。

しかし僕も面白がって返信をしてしまった。

ありかとうございます。嬉しいです!〇〇さんもとても綺麗で僕のタイプです。そういえば住んでいる場所かなり近いですよね。

返信嬉しいです。いつも××さん(僕)のtwitter 面白く見せてもらってます。もし良かったらなんですけど、今度一度ご飯でもいきませんか?

正直、なんなんだこれは、いきなり会おうって、とめちゃくちゃ勘ぐったが、最近自分の生活に刺激が無さすぎてウンザリしていたので、騙されたつもりで、会う約束をしてみた。

後日、待ち合わせの駅前に時間よりも30分早く到着して、駅前が望める喫茶店の二階席でタバコをすいながら、その女性を探していた。

タバコを一本吸い終わる前にその女性を見つける事ができた。

目印の黄色の皮のバッグを肩にかけて、ベージュ色のマフラーを巻いている女性が改札前の柱のところに立っていた。

おそらくあの人である事は間違いなさそうだった。

少しイジワルだが、すぐにはいかずに、遠目から彼女を物色していた。

遠くからだと顔がハッキリと見えないが、なんとなくの雰囲気は清楚で上品な感じがした。

もう一本タバコを吸って、ドキドキしながら俺は外に出て行った。

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事