レディースコミックの影響からもっといやらしいエロを追求、体験したいと思って、大学サークルを創立。

表向きは、漫画研究会、実はエッチを追求するという活動目的のサークル活動だ。

もちろんあたしは女子。

研究生はというと、他大学の学生も含まれている。

加えて、研究テーマを体験するときには、出会い系で異性を見つけてからそのお相手と…というようにもしている。

あたしの経験が一番伝えや付いと思う。

あれは、夏休み、ワンナイトラブとしてのエッチというテーマで、どこまで深くエッチできるかの実験だった。

早紀江さん?大学生と聞いていたけれど…大人っぽいんだね…じゃ早速行こうか。

白昼からホテルに移動して、エッチすることに。

女性のエロを追求したくて、ひとりエッチのお手伝いをしてもらった

最近動画で見る窓際エッチも試して見たくて…

エッチした…階数はちょうど20階というレベル、そう高くもなく、窓際といってもちょっと、暗め。

そこでエッチへ。

裸になって、足を広げて窓際に腰をかけた。

身につけているのは、ブラジャーのみ…

自分の手を茂みに持ってゆき、そうして自分の手を中へ入れてみた。

柔らかく、少しの潤い。

男が見てるというだけで、いつもと違ったひとりエッチ…

気持ちよくて、たったひとりでもどんどん濡れてきて…

加えてそこは水たまりのようになっていた。

溢れてくる水、、はあ、次の段階へと進みたくて、男を誘惑。

ベットの上で横になり、彼の前でさらに足を大きく開いてみた。

恥ずかしい、という気持ち以上にウキウキ、ワクワクとしていた。

彼の方も、陰部をジーと見つめていた。

無言で。

彼はその状態でいったい何を思っているのだろうかと。

ようやくだった。

彼はジーと見つめていたところ、ようやく行動に映してきた。

そう、自分の指をあたしの陰部に挿入してきてくれた。

男の指は長い、さらに指の節は大きめ…指の節まで入ってしまった…

はあん。いい感じ。

ペニス型のバイブとは違う、卵型のバイブとは違う…

人間の指の気持ち良さがあった。。

はあ…ちょっと、その指を動かしてくれない?

とお願いしてみた…

ゆっくりと確かに動いている指に呼吸するように濡れてゆく。

ひとりエッチをヘルプしてもらってる気分だった…

ああ…気持ちいい。んー。いっちゃいそう。。

まるで猫になったように、くねくねと体を動かして、あそこだけを開いていた。

すごく気持ちがいい…

そう思いながら…彼の指でいってしまった。

んん。彼にしてもらったことは、ただそれだけ。

見ていただけ、指を挿入されたのみ…

あなたにおすすめの記事