オフ会だったはずがオフパコになってしまったエッチな体験談。

元々、周囲には重度のオタクなことを隠していたのでTwitterで趣味のツイートをすることが多かった私。

フォロワーさん同士で東京でのイベントがあるときに、集まりましょう、という流れになり、皆さんと会うことになりました。

そのうちの1人は私の住んでいる県の隣だったことがわかり、東京へ行くまでの中間で合流することになりました。

新幹線のホームで待ち合わせしていたら、「もしかしてあなたがまどかさん?」と私のハンドルネームで声をかけてきた男性が。

あ、そうです、初めまして!」と私も挨拶。

Twitterでやりとりしていた感じより爽やかで、声もなんだかカッコいい。

私は思わず

オタクっぽくなくて、なんか、カッコいいですね

と口に出していました。

すると、彼も

いや、そんなことないよ。てかまどかさん、すっごい可愛い

と褒めてくれて何だか恥ずかしい、少しくすぐったい気持ちになりました。

じゃあ次の新幹線で東京いこっか、でもみんなとの待ち合わせまで少し時間あるけどどうする?一緒に東京観光する?

私は即答で「いいよ!」と言ってました。

もちろん趣味が合うし、Twitterではいろいろ話してきたからいい印象しか持ってなくて、新幹線での移動時間はあっという間。

東京に着いたらお互いに宿泊先のホテルが同じだったこともあり、荷物を置いて出掛けようとなりました。

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事