その時、ムラムラとしていたわけでもなかった。

その気持ちもないのに、男とホテルへ。

出会い系サイトって、世間の人の声ほど悪いもの。

怖いものではないと思う。利用者次第でいうのかな…

利用者の心構えとか、社会規範次第。

安全に使いこなそうとしたら、心構えも必要かもね。

あたしは古畑っていうみよじから、よくテレビドラマであった古畑任三郎でからかわれたり…

そんなあたしってちょい男勝り。

付き合ってください、一目惚れしちゃいました…

なんて告白してくるような男はよくいるけれど、でも年下男だし、遠距離恋愛になっちゃうしで、、

そうして、たいてい、お一人様。

出会い系サイトなんて使う必要もないけれど…

でも…出会い系サイトをアクセスしていると、ほんとう癖になっちゃって…

ノリでバツイチ男性とエッチ、大きな手で愛撫されたまらなくなり…

ということから、1人のメンズとホテルへと入った。

かれは、バツイチ男性で。奥さんとは一切縁が切れているという…

そんなプライバシーどうでもよかったんだけど…

でもね…どうでもいいことをあれこれ考えながら…

いよいよシャワーを終えた。

昨年の夏に日焼けした肌がまだ黒くて、皮がむけてきちゃう…ちょっと汚い肌を気にしながら、ベットへ。

ああ、久しぶり。

女だって実感の湧いてくるこの瞬間は、最近ご無沙汰で。。

ファミリーレストランでバイトしてついた筋肉質の腕、日焼けしたお肌、どれもこれも気にはなるけれど…

終始明るいノリと会話でその場を楽しんだ…

彼の方も同じような明るいノリで…

彼の手がパンティの奥へ忍びこんだ…

はあはあ…

茂みをかき分けられる、その感覚は気持ちいいのか、悪いのかわからない。

片手なのに、男の手は大きくてその指の動きはあたしの奥の方まで触れてきた…

ああ…これ以上はもうっ。おかしくなってしまう…

おかしくなってしまうほどに男の触手は自由だった。自由すぎるわ…

はあはあ…内向的な性格上声を押し殺してしまうことも…そんな風だから…

でももう、

我慢できないんかもうって…んんんん…

声を押し殺さずに我慢していると、彼はあたしの胸へと興味をうつす。

胸への自信もなくて、ちょっぴり恥ずかしいというのに…

でも、彼は一言、

綺麗だね

って。その一言が嬉しくて嬉しくて…

ちょっと開放的な気分になってきた…

ちょっと、またそこが濡れてきちゃう。。

自分の濡れたあの匂い、ちょっと尿の匂いのようで苦手なの…

そんな風に思いながら…彼のリードを待っていた。

必要なことしか喋らない、そんな男…とのエッチって結構いいものだけれどね…

あなたにおすすめの記事