何度も何度も女性に出会えるが、エッチまでなかなかしなかった男がやっとエッチしたエッチな体験談。

田舎で育った私が都会で暮らすようになって驚いたことは物価が安いこと。

都会では競争原理が働くためか田舎で買うよりリーズナブル。

しかも扱っている商品はバラエティ豊富です。

慣れない環境で暮らすと人恋しさからかホームシックに、学生なら休学が出来るのですが私は社会人。

会社を休んでしまったら他のスタッフに迷惑が掛かるため、人恋しさを紛らわすために利用したのがSNS。

当初は地元の友達と交流目的で使っていたのですが、男友達のひとりがSNSで知り合った子と付き合っているという話を聞き、その友人にSNSでの出会い方のレクチャーを受けると、僕でも出来そうと思い、まずは失敗をしても恥をかかずに済むレベルの女性と会うことにしました。

分かっていたことですが、待ち合わせ場所に現れたのは容姿が残念な女の子。

いくらバラエティ豊富な都会でもこれは頂けないと思い、その子には丁重にお断り。

次に待ち合わせたのは、顔に自信がないと前もって知らされていた子。

日本人には謙遜するところがあるため、彼女の顔も言うほど悪くないのでは?

と思っていたのですが、現れた女の子はデブ。

顔よりまず太った体型が気になり、その子ともお茶をすることなくサヨウナラ。

二度ある事は三度あると言いますが、3回目の待ち合わせに来たのもやはりブス。

しかし、今回のブスはスタイルは悪くない。

徐々ではありますが会う度に女のレベルは上がっているため、4回目を楽しみにしていると出会えたのはデブしかもブス。

振り出しに戻ってしまった私は、多少なりともお金を支払ったほうがマトモな女性と出会えるのではと思い、1回〇〇円で募集をしている女性と待ち合わせをしました。

次ページへ続きます

ランキング
あなたにおすすめの記事