ワクワクメールを選んだ理由?

遊んでる子がいたから…ただそれだけ…

ワクワクメールっていうネーミングが良いから選んだんだ…

女子校から女子大へと進学した身分、もちろん彼氏はできたことがなくて、学業と習い事一筋…

そんな風だから、遊び友達もいない。

親のルールも厳しくて滅多に夜遊び許されず…

本当は門限も課されてるんだ!

あたし、梨穂子。

本当は性的なことに強い関心を抱いていて、親のビデオをこっそりと楽しんだりしてる…

親が部屋に隠しているAVビデオをこっそりと堪能して…

とにかく、ビデオの女はエロかった。

ああん、あんだめえ。甲高い声でよがり狂う。

女同士なのに濡れてきちゃう…

自室で1人で慰めていたり…そんな生活を送っていた。

ああん…ん………男が欲しい。

1人で気持ちよくなっても仕方がないし。

男のあれが欲しい。

クローゼットにしまいこんでいた、おもちゃのバイブを取り出した。

真面目な私はエッチなことに興味があり、いつも一人で満たしていた…

ウイーン…

起動させてみると小刻みに振動、それは梨穂子が求めている刺激とはちょっと異なるけれど…

はあはあ…

枕に息を潜ませて、両脚を少し広げてからあそこにあてがうようにして挿入してみた。

はあはあ気持ちいい。なんだろう。。もっともっと…

という感覚がどこからか沸いてきてしまう…

そして、出会い系サイトをやってみることに。

やっぱり出来るだけいい男がいいから、年齢は30までで…

実際に出会った男性はというと、年齢45歳という。。

バツイチ、子供なしの男性であった…

バツイチ男性か、女に慣れてそうでちょっと気がひけるかな…

そう思いながら、待ち合わせた箇所へと出向いた。

すると、相手はどうやら先に来ていた様子で、若者に混じりながら座っていた。

あの人だ!下を向いているものの、シャツの色とズボンの色ですぐに判明した。

あのう。。

控えめに声をかけると、穏やかに目をみていた。

普通の人じゃん!心中でそう思いながら、食事デートへと向かう。

男はまさに既婚を経験した落ち着きで、食事よりも会話を楽しんでいた。

楽しい!父親といるような気分になり、幸福感を感じていた。

そのまま、腰に手を回されて、ついにホテルへと入ったときも嫌ではなくて…

クチュウ、少し控えめにキスを。

そのままベットインへと向かうことになり彼に身を任せた。

普通のセックスだと思う。

激しさと思いやりが交差した。

欲求を満たすための激しい腰使いにあたしの中はもう…

でも、中でぐちゃぐちゃにかき回されて、気持ちよかった…

最高…あたしたち、付き合おうかって、話が出て。。

あなたにおすすめの記事