ワイルドな男が好き!

年齢も重ねている男の人の方が、若いワイルド系よりも渋さがあって好み…

そんな男の好みを持つ、りさこ。

りさこはひとりっ子として生まれ育ち、兄弟、姉妹の関係というものは知らない。

いつも好きになるタイプの異性は、かなり、年上の男性が多く、まるで父親代わりになるような相手と付き合いたいと思ってた。

そんな相手と出会うチャンスは、逆ナンかあるいは、出会い系サイトか、風俗くらい。

風俗なんて、自分にはできる容姿ではないし。

出会い系なら、個人でできちゃうと、密かに活動を行っていた。

あるときは、若い20代の男と出会い、また別の機会では、30代の男と出会う。

何方の男とも一度はあってみることに…

フィーリングがあった男はというと、アラサー、アラフォー男性だった。

彼らとはそのままベットインへ。

一部はカーセックスのお誘いにも応じてしまった。

車の中でエッチな指にもてあそばれて、騎乗位でイキまくり

カーセックス…相手の高級車の座席で騎乗位で楽しんだ。

彼はスカートに手を入れてきたとき、やっぱり男ってこうなんだと、面白かった。

彼の手がパンティへと。。

絶対に開きたくない太ももの隙間に彼の手が入り込み…

そうして、わたしは太ももの力を緩めた…

同時に彼の手はパンテの中、茂みの奥の方へと入っていく…

んん。ちょっと気持ちが悪いかも…

そう思いながら…彼の指の動きを感じていた。

奥へと侵入するとき、粘膜の内側をこすりつけた。

ああ。。自慰のとき、自分ではあまり気持ちよくないと思っていたのに、彼の指の動きであれば充分感じてきた…

はあ…気持ちがいい…

充分気持ちがよくなってゆく…

はあああ…

表情も変わり、加えてエッチな吐息も漏れた…

はあはあ…ん…

彼の指の動きは、今まで入れたなかでも抜群で。。

奥の方がどんどん充血していくようだった。

彼のものも受け入れることができるかもしれない…

そう思いながら…身を任せることに…

エッチね…

彼に伝えた。

こんなふうにされて、濡れてる、りさちゃんもエッチだよ。

バカな会話を2人で交わし、そうして彼はズボンのファスナーをいよいよと、下ろした。

ゆっくりとした動作で、急いでいる様子はなかったのに、すでにそれはまっすぐ上を向いている。

ああ。すごい!

面白いという興味が勝って、彼のペニスを欲しがった。

狭い車内では、私が上に乗って、彼の先っぽをあてがい腰を下ろしてゆくことに…

はアアアアアア。

いままでに経験したことのない深い味わい…

子宮の奥に到達しそうなくらいに気持ちよかった。

あなたにおすすめの記事