めぐみ20歳、先生に恋をして付き合っていたけれど、エッチまでの関係には至らず…

真面目な交際だったと思う…でも…

エッチなことに興味があるお年頃…

バージンを卒業したい…と思っていた…

そんなときに、出会い系で彼氏を作っているという子を見て、いいなあ、羨ましいと思えた…

いいなあ…青春を謳歌してるなあって印象…

友人からは、一体彼氏と何がしたいの?

なんて言われてしまう…

そうね…映画デート、キャンプデート、ショッピング…

というふうに遊びに付き合ってもらいたい…

そんな妄想をイメージしていた…ニヤニヤが止まらないことも…

ああ早く大人になりたいなあ…

早く…大人になるということそれは、エッチを経験するということ…

早くエッチがしてみたい…初めてのエッチは誰もいない公園で…

エッチしたい!

めぐみは、出会い系サイトを駆使して、ヤリモク相手を探していた。

すると、ちょっと見た目には強面だけれど…

中年以降のおじさまが候補に上がる。

見た目がワイルドで、髭を生やしている、その上筋肉質で…

そんな見た目の男に誘われるままに、出向いた先は公園だった。

その公園というのは、面積が広大で、ベンチに座っても、周囲に人がいない状況で、刺激の奥に入れば誰の目にも入らないというような環境であった…

そんな環境で、男はめぐみに襲いかかった。

待って!

いや待てないよ

女らしく、相手の男に急がないで…とお願いしたつもりだった…

彼はよく使い込まれ、シワのある手で後方から胸をもんでくる。

むにゅう…めぐみ自身もそんな感触を味わうことに…

いつの間にか乳首が立っていたと、男から耳元でささやかれた。いやん。。

もっと尻をキュウと突き出して

ああん…こう

男に命令されることは嫌なのに、なのに…

おっぱいに男の手があるばかりに、したがってしまう…

はああ、、

めぐみは男に命令口調で指図されるままに、自分のお尻をめいっぱい、ぐいっと男の前に突き出した。

あんん…突き出したお尻を男は手で触り、時々はそれを揉んだりしながら、楽しんでいる。

めぐみには顔が見えず…男の声と手の感触だけが伝わってくる。

それは、デリケートなものではなく…もっとごついものであった…

そろそろかな、男の声とともにするり、、と手が太ももへと、のびてきた…

太めの指先はパンティのスクラッチ部位にあたり、小さく円を描く。

じんわりと濡れてきて…

そして、パンティを濡らしてゆく…

ああ、彼のテクニックに陶酔していく自分も悪くはないのかも…という想いがしていた。

あなたにおすすめの記事