あたしは三十路の女、妙齢と言われる年齢だけれど本当は今が一番旬の時期。

夜な夜な出会い系をあてにしている訳は、紹介に期待できなくなってきた年齢だから…

たとえば、プライベート上の知り合いから友人関係に至るまで、もう誰も声をかけてはくれない…そういう年齢の女なの。

だから、1人でできることといえば出会い系サイトの利用。

彼は年上男と聞いていたけれど、身だしなみはよかった。

ヘアスタイルは気をつけているらしく、それなりに清潔感が出ている。

それにすごく肌がきれいだった。

爪の方もチェックしてみたところ、お手入れがなされていた。

よし、この男性であればオッケーかなと、ホテルに誘われた時同意したんだけれど…

ホテルに誘ってきた男は包茎だった…困惑した私は…

彼は、彼は、彼は包茎という状態。

えー、どうしよう。。

ベットの上ですでに裸にされたあたしは、彼のあそこを手でさすりながら、困惑していた。

だって、彼、この状況で自分は

相性がいい女でないと、立たないんだ…

なんていうから…。

今のこの状態って、どうなの?立ってる状態?それとも?彼にとってどういう状態?って思いながら聞けなかった。

だって、知り合ったばかりで遊びの関係性の2人が、あたしに惚れているからここまで大きくなるとか、ロマンスを期待する、どうこうするのは到底、無駄というもので…

そういう意味でも包茎くんに当たったあたしは、本当に不憫だった。。

即着替えて、帰りたいところ。

女として楽しめる男っていうには、エッチのエネルギーに満ちていて、エロくて、リードしてくれるような男のこと。

そういう男であれば…

入れてみる?

相手の男がそう切り出した。

え!何言ってるの。。この状況で?と思いながら…

ベットの上で上へ上へと逃げてゆくように動いてしまった。

その状況を見た彼は、ついに察したのか、

やめとこうか

という一言を言った。

内心ほっとしながらも、ちょっと残念だなあと思いながら。。服を来ていた。

残念に思う理由は、出会った彼がこういう人だったということ。

求めていた男性ではないこと…

そういうことからも、彼とは深くは交わらずに終えた。

童貞ならまだしも、包茎で立たない男を選別するには、女性側には無理があるものだし…

なんだかすっきりしないのは女の方であって、彼も納得いかないような表情をしているけれど、彼が悪いと思えてならない。。。

最初からホテルにいきたいなら自信のある状態できて欲しい、それが女心というものだし…そう思いながら帰路についていた。

あなたにおすすめの記事