美容院へ行った咲は、男性美容師がいるとちょっと緊張気味になってしまう…

その理由は…

咲は、まだバージンという身だから。。

この話を同性にすると、もしかして、バージンなのお?と疑われてしまう。

うんん。違う、疑われるというよりも、ばれてしまう…という感じで嫌だった。

そう、まだバージンだった。

合コン、コンパと、異性と出会う機会を設けてもらっても、一向にもてず…

これはもう、出会い系オンリーでいくしかないかなと、決めた。

その日は金曜日の夜、金曜の夜というと翌日のことも忘れて遊び歩く人が多い、、

気分だけでも…そんなふうにして自分自身をコマイしていくことに…

バージンを早く卒業したくて、おじさんにエッチなお誘い

落ち着いた年齢の男性がいい、その理由は同年代の男の子と話ができないから。。

恋、エッチというよりもそれ以前の問題…

おじさんは必ずエッチなことまで女のこに求めてくるはず…

でも…どうするかは後で考えようっと。。

年齢不詳に見えたアラフォー男性と会ってみた。

おじさんはとてもモテるというタイプでもなく、おじさんは…

スケートデートの後にやっぱりエッチかな…と想像していたら違った。

スケートデートで、手をつなごうとしてきて、思わず拒んでしまい、おじさんを傷つけたみたい。。

その後特にホテルに誘ってくる様子ではないので、自ら

ホテルいこっか?

と口にしてみた。

傷さえついたことのない女のこの勇気って、危ないこともあるものだ。

え?いいの?っていう顔を見せたものの、当然男は嬉しそうにホテルへタクシーを呼んでくれた。

ホテル代金は男持ちで…

ホテルの部屋ではおじさんは子供のように振る舞い、男を感じさせない。

これが普通の人なのかもしれないけれど…

すべて脱いで、生まれたままの姿を見せた。

そんな姿を見せるとおじさんは、女であるあたしの顔を見ながら、あそこを大きくしてた。

ああ、あたしで感じて暮れていたんだな…と、ちょっとびっくり。

ベットに座り、ゆっくりと両脚を大きく開いた。

そうして、男の前ですべて見せた。

全てを見せる行為がどんなものか…

綺麗と言われる自身もなくて、ちょっとグロいかもと思いながら。。

興奮しているのだろうか、黙り込んであたしの上においい被さり、そうして下着を脱がせた。

ああエッチ。。」

彼の方も自分のものをみせた。ああもう何がなんだか。。

全て受け入れてくれて相手だからと、彼のものも全て見ることができる、そんな感じ。。

いよいよ熱いものがインされてきたとき、あたしの奥の方も疼いてきて。。

あなたにおすすめの記事