屋外エッチとかしてみたくて、出会い系サイトで性癖がぴったりあう異性を探していた。

職業、顔、スタイルなどなんでも良くて、あとは…

実は、既婚者で誠実に愛してくれる夫がいる。

でも…もっと刺激的な日々を送ってみたいって考えていたら…

例えば、エッチの仕方を変えてみたい願望、相手をチェンジしてみたい。

あるいは、カップル同士空間をシェアしながらのエッチ。というふうに…

出会い系で叶えられた願望は、相手を夫から別の相手へチェンジしていくこと…

夫とは正反対の男性ということで、オラオラ系男性がよかった。

オラオラ系にバックでつかれてみたい、オラオラ系にフェラを強要されてみたい、他いろんなシチュエーションを期待しちゃった…

ということから…オラオラ系の男30後半とエッチした。

夫に内緒で夫と正反対のオラオラな男性とエッチなことをしたい

罪悪感はちょっと感じたかも…でも…

人間、欲望には勝てないときがあるもの。。

とりわけ、ある程度条件を踏まえたときは。。

彼の名前がニックネーム式で呼んで、かずくん。

いかにもM男という印象のお名前だけれど。。

少なくても、わたしの前ではS男を演じてくれていた…

ああ…すごくいい感じ…

S男は、とにかく命令と指示がうまかった。

足を開いてみてよ。

羽で内もも周辺をくすぐるように刺激してきた。

我慢できずに耐えていると、

パンティを脱いでもいいんだよ、、

なんて茶化してきた。

それが、あたしにとっては最高に気持ちがよかった。

んん。まだ、大丈夫。耐えられそう…

そう?でも、おしっこしたくなったら、言ってね。。

そんな感じで繰り返されてゆく。

はあん…もう弄って欲しいかもお。

直接アイブを受けず、我慢の限界がきた…

彼はというと、開脚、両手を縛られたあたしの前に現れては、パンティの前にジーとしゃがみ込んだ。

そうして、パンティを見つめて指先を下着の内側に入れた。

そうして、その内側に沿って、指をなぞる。

濡れているのかどうか、確かめたらしいこの仕草、女慣れしていることがわかるくらいだった。。

はあ…すごくいい…もっと…

直接指を奥に受け入れたとしたら、いったいどうなってしまうのか…

頭の中で想像しながら、溢れていた。

泉が湧き出るように自分でも止めることができないほどに、濡れていた。

ああすごい…

どんどんぬれていくその様子、下着が濡れてしまう。。

その羞恥心さえも快楽として、気持ちよく感じていた。

すごく気持ちがいい…

夫の前では見せられない、淫らで恥じらいのない自分をさらけ出したときの快感。。

あなたにおすすめの記事