出会い系サイトを利用しているような女のこは、いたって自信がなかったり、コンプレックスを抱えていたりするものだ…

コンプレックス産業という商売もあるように、風俗関係ほかの商売もまた同様。

そんな女のこたちと出会うと、安売りしすぎて気の毒になることも。。

もしも、娘であれば…と思うといたたまれない気持ちに…

チカちゃんという、普通の名前の子とデートすることに…

チカちゃんとは何度も白昼デートを繰り返した末にゴールインした。

女の子のあそこを愛撫し続けるとどんどん乱れていって…

ああ、ゴールインっていうのは、結婚のことではないよ。

間接的にはホテルへゴールインしちゃったという意味。

ちょっと本気で付き合いそうになるくらいに、可愛い子だった。

車に乗せると、気まずい空気を打破するために、周囲の看板を読み上げていく…というような、そんな女のこ。

かわいいなと思った。

でもなぜか、彼女彼氏という関係性にまでは至らず…

あのとき勇気を出して告白していればよかったかも…

そんな風に後悔が残る。

ホテルまでは車で移動へ。

狭い部屋の中に鏡が設置されており、ふたりのまぐあいをうつしていた。

彼女の方は当然、素人だから、羞恥心が働く様子で俺的には新鮮。

やっぱり、性格のいい女のこというと見てみたいところは決まっている。

そう、マングリ返しとまでハードに行かなくても…

内心、どんな色とかたちをしているんだろう…と思いながら、ワクワク、ドキドキしながら下着に手をかけた…

ああ…すごく綺麗だ。

色も形も。思わず女に綺麗だね

と声をかけてしまった。

ホテルに行く女にそんな声をかけた経験は一度もない…

相手の反応も、嬉しそうにしている…

綺麗系の彼女とデートすることができたのであれば…

そう思いながら…ワクワク、ドキドキ…するような世界へいける気がした…

女によって、秘部の色も味も異なる…彼女のお味はいかがか?

そうおもいながら、奥へ奥へと指を入れていった。

何本くらい挿入することができるのだろうか…

そう思いながら…

長く自慢の指を入れて、二本目に。

爪を粘膜に当てず、気を使いながら…

彼女の反応はと…様子を見ながら指先を動かしていく。

ここはどう?こっちは気持ちがいいかい?

と時々、女に感度を確認してゆきながら…

本当に気持ちがいいのか…わからない時は結構強引にぐいぐいと指を入れて行く…

すごくエロい。

俺の指を二本とも加えてしまう女の秘部を見ながら、ああ、えろいな…と。

それが俺的に最も興奮しやすいスポットエリア…

ああ…思い出しただけで濡れてきちゃった…

あなたにおすすめの記事