舞子はまだ処女、姉の真弓は早熟な女性で彼女はいつもボーイフレンドをとっかえ、ひっかえとしていた。

姉のエッチを目撃してしまうというアクシデントもあった。

ですが、気持ち良さそう、、

年頃になっていた妹の舞子は、姉が男とセックスを楽しんでいるという、その光景をみてショックを受けた。

姉としてではなく、女として楽しんでいるその光景を羨ましいと思った。

素直に、あたしだって、男にしてもらいたい…

そう思うようになる…

姉のエッチな姿を見てあそこが疼いてホテルで激しく…

まずは彼氏を作らないと、舞子は姉に相談へ。

舞子は奥手だから、出会い系でもやってみたらいいよ、ちょっとは世間のこともわかるだろうから…

なんて言われた。

姉のいうことは素直に聞いてしまう舞子、出会い系サイトを登録してみた。

そこではいろんな人がいるみたいで、ちょっと強くなってしまった…

1週間後に男と出会い、ホテルへと急いだ。

お年頃の舞子はまるで男の子のようにたまっていた。

早くしたい…

とにかくこの強すぎた性欲を抑制してもらうためにも、激しいセックスを求めた。

あいぶのない挿入、そうして一気にインへ。

挿入後約20分は腰を降っていた。

20分という時間は、かなり長く、男も女もきついはず…でもでも…

そんなふうにしながら…果てた。

まず最初に果てた相手は男の方。

一旦挿入をした後もう、男のペースで動いていた。

はあはあ、息が切れる、まだ若い年齢だからこそついて行くこともできるけれど…

これがアラサー以降であれば?

とにかくハードに動いてくれちゃうおとこ、そんなに気持ちよくもないのに。

舞子は脳内に姉の姿をイメージしていた。

姉はこんな風に乱れていたけれども、あたしも乱れて見えるのかなあ

昔パパとママのセックスシーンも目撃してしまったことがあって…

でもそれは、夫婦だから当たり前のこと。

そんな風にしながら、エッチな妄想でエンジョイしてた…

はあはあ…肩で息をしながら、、

うう、熱いものが腹部にあたり、それは射精された男の体液、初めて目にするものだった。

加えて、初めて匂いをかぐものだった。

そんな体液を肌で感じながら…男とあたし、の違いを思った。

この白いミルクをみると不思議な気持ちになってしまう。

ただ赤ちゃんを孕むのは女性ってだけで、男も妊娠には必要なんだし…

もやもやと思考を巡らせていれば、だんだんと眠気が襲ってきた…

そろそろ少し眠るとするか。。

そう言いながら、睡眠へ…

不思議な夢を見ながら、目を覚ますともうホテルの制限時間が迫っていた。

あなたにおすすめの記事