もちろん自分がOBだなんて一度も言ってません。

さすがに大学名まで出して、後輩を食べるのは気が引けるので、全然関係のない大学で同じ専攻にいたとだけ自己紹介しました。

すると、会った後もすっかり打ち解けてくれて、最初に誘った喫茶店では、専攻に関する話で盛り上がり、時間が経つのが早かったですね。

聖橋を渡る頃にはすっかり恋人気分でした。

橋を渡ればいわずと知れた湯島のラブホテル街。中国からの留学生であるテウちゃんにはもちろん、そんな知識はありません。

ホテルの前で肩に手を回すと、自然に玄関を潜り抜けることが出来たのです!

部屋に入ればそこは大陸育ちの中国人。

おおらかなものでしたね。

体も大きかったですが、すべてが大きくて、あそこのあわびも特大級でした。

日本人としては大きい僕のペニスも、サイズ的にピッタリな名器との遭遇に思わず武者震い。

腰が抜けるまで5回戦を挑み、二人果てた時は既に、朝日が部屋に差し込んで来ていたのでした。

あなたにおすすめの記事