ぷるんとしたおっぱいがブルブルと震えていた。

童貞でもエッチな関係に発展した

"オタク趣味の男です。

彼女はまだいないじつは童貞、お気に入りの子はアイドルにはいるけど手が出せない。

出会い系で知り合った子に合鍵を渡して部屋を使わせています。

女のこは20代と30代では全然違うんです。

どっちもエロい。

ひよりさんという20代の女のこ、デートしてホテルへ一度いってから合鍵を渡してあるのですが、ある日の夜俺が帰宅したら、彼女が寝ていて。。

着替えもせずにミニスカのままでソファで寝ていて、それで俺はシャワーを浴びへと退室、戻ってきたらひよりさんは、1人でおなっていた。

え?まじかよ。。。」俺は息を潜めて見守ることに。

仰向けに寝ながらも、自らパンティに手を入れている。

足は中途半端に開いているところが、上品だった。

パンティの中でてをうごかして、時々ビクと反応して静かになる。

どうやらイッタ瞬間みたいだ。

すぐにははあと息をあげながらも、胸を揉みだした。

時にはパンティの上からクリをつまんで刺激。

俺は自分の息子が限界と思い、彼女の元へ。

合鍵を貸した関係だし、一度してるから問題ないと彼女の足元へ。

両脚を広げてパンティを下ろしてみた。

そこはネットリとしており、暗くてよく見えない地帯。

甘い匂いが漂う。手を伸ばしてびらびらの横あたりを指の先でなぞる。

柔らかく、湿っている感覚だ。

あーんん」彼女は眠りながらも喘いだ。

クリを刺激し、あそこの中へ指を入れる。

あああ、なんて気持ちいいんだ。

あそこの中は暖かくて、湿っていて柔らかい。

我慢も限界だ。俺は狼になり彼女のおっぱいを掴む。

柔らかいその感触で一気に勃起した。

乳首を見てなめていると、目を覚ました。

いやあ、どうしたの」「こんなところで寝て風邪ひくよ」あともう少しのところで起きてしまった。

目を覚めた彼女は自分が今どういう状況かわかったらしい。

俺は入れていい?と聞いて、うんと頷く。

正常位のままで一気に押し込んだ。ぎゅうと。

こんなにきつかったか?と思いながら、押し込む。

あっあっと小さな吐息をあげながら自分の胸を揉んでいた。

胸を揉みしだいて乳首をつねり悶えている。

容赦なく挿入し、ガンガンと力強くついていく。

あっあっ、ひたすら感じている声を出すが、ぷるんとしたおっぱいがブルブルと震えて静かになった。

イッタみたいで、グターとしていた。

彼女はあどけない顔で眠りについている。

俺はまだ、気がすんでおらず、胸に吸い付いた。

その辺には彼女のパンティ、シルクの下着が散らばり、エロかった。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事