真剣に恋人を探して、出会い系サイトに登録。

イケメンのりょう君と、メールのやり取り。

気が合って、何度も。

いつしか会いたい気持ちが募っていた。

土曜日。私はその日、合コンの予定があった。

しかし、彼からの連絡。

今日会える? 会いに行くよ

二つ返事でOKした私。

合コンがあることも伝えたが、それまででいいから、と。

直前のやり取りで、仕事のことで落ち込んでいた私は、彼に

抱きしめて慰めてほしいと言った。

そして、彼と会った。

イケメンの彼に誘われてホテルへ。優しい愛撫に感じてしまって…

声をかけられ、顔を上げると、とってもイケメンの彼がそこにいた。

お互い最初は緊張して、車で来た彼の車に乗り、ドライブ。

少しお茶をして、暗くなった頃、駐車場に置いた車の中。

悲しい気持ちの私に対して、頭を撫でてくれた彼。

手、大きいね。握ってもいい?

いいよ

手を握りしめ合う。

気持ちが高まって、距離が縮まっていく。

そして抱きしめあう私たち。

ドキドキしてる?

と問うと、頷くから、心臓に耳を当てる。

そんな雰囲気の中で、友人からの連絡。

体は離れるが、手は握ったまま。

合コンの時間。

りょう君は待っててくれると言って、私は待ち合わせ場所へ向かった。

合コンは上の空。彼のことが忘れられない。

2次会への誘いをなんとか断り、彼に連絡。

合コン終わったよ

駅まで迎えに来てくれた。

そしてまた車に乗り、適当に走り出す。

夜は22時を回ったころ。

車で1時間くらいかけて来てくれた彼に申し訳なくて、

この後どうする?

と聞くと、

……ホテル行く?

と言われて。

ホテル行くか、俺が帰るか、2択だよ」と。

悩んだけれど、ホテルへ行くことに。

ビジホではなくて、ラブホへ。

シャワーを浴びて、ベッドの端っこで寄り添う。

最初は、ラブホの設備にはしゃいでいたけど、ガウンで石鹸のにおいをまとって寄り添うと、緊張してしまう。

キスしていい?

なんて返していいかわからず、無言で数回頷いた。

向き合って、目をつむって、顔が近づいて。

軽いキスから、段々激しいキスになっていく。

それだけで頭がクラクラした。

ベッドの中に沈んでいく。

りょう君がガウンを脱がせようとするから、部屋を少し暗くしてもらった。

私ひとりで脱ぐのは恥ずかしいから、と、一緒に脱ぎあいっこした。

恥ずかしいから見ないで

と顔が真っ赤になってしまった。

そんな私を、彼は優しくなでてくれる。

体中愛してくれる感覚に、気持ちよくて、もっとしてほしいと思った。

かっこいい彼が、私の体中をまさぐる。

正直、こんなこと、考えてもみなかった。

その日の夜は、ただただ、彼の愛撫に身を任せた。

あなたにおすすめの記事