経営者と結婚したい、そんな願望を抱いていた女。

でも競争率は高くそんな相手とは出会えない、それが現実。

現実を教えてくれた相手はというと、それは男の方だった。

ボーイフレンドからきついことも言われた経験があって、ちょっと傷ついてしまった。

そのとき、男なんてほんとう体目的で欲求が満たされないと、すぐに怒ったりする…

そうして、彼とあたしの体の相性も最悪。

加えて暴言を吐かれ終了…した。

その後、あたしはというと。恨みで辛い日々を送ることに…

見返してやりたい気持ちがストレートではなく、もっと曲がってしまい、ついには他の男に受け入れられたり、褒められることに自尊感情を満たしていきたい…

と考えるように…ついにそれは出会い系へと歩ませた。

エッチな私を受け入れて…男性をもっと感じたい…

ミカちゃん?可愛いんだね。

男は本当にあたしの容姿をみて言った。

そうして、本気で感動している様子で、目はあたしの瞳から外さずに懸命に見ていた。

これが感動している時の状態かと…

そうして、この時点から彼とあたしはともに一心同体になったように思い。

軽々とエッチという一線を超えてしまった。

この男も同じだわ…

男はどれも同じである…

これがあたしの教訓で、大抵エッチする以前からどんなエッチを仕掛けてくるのか、大抵わかってしまう。。

パンティは花柄が好き、加えてシルクが好みだけれど、化学繊維で我慢。

そうしてあたしの下着ごしに鼻をつけて、そうして匂いを嗅いでいる。

クンクン。クンクンという風に…

男に「中だしされた経験はあるのか?

という風に言われ、

ないわ…

と答える。

本当にあるのかどうか…は秘密だった。

男はあたしのパンティ越しの匂いを強く求めている様子で、クンクン、クンクンと子犬のような鼻でこすりつけている。

ああ、すごくいいわ…すごくエッチな気分になるの…

心中でそのような、ハレンチすぎるきもちもおもったり…そうして、ついに…

パンティに手をかけて、パンティを引きずり下ろされた…

ああ…すごくきもちがいい…

はあはあ…すごくいいかんじ…男が変態になったのではなくて…私の方がハレンチな女に…

本当、潜在意識ってすごい。。

私が可愛いから?なんていう風に自惚れてしまった…

でも、あたしが可愛いのではなくて…男がえろいのかも…

男のエロ、それって奥が深くて、ただただ筋肉質の男だ、ただただ絶倫だという条件だけではないみたい…

一見、エロく見えないという男でも、エッチとなれば変わることもあるってこと…

だから、性格が良さそうであればオッケーすると案外いいかも…

あなたにおすすめの記事