アルバイトの面接に行き、ホッと一息ついた後でした。

アルバイトの面接に行き、ホッと一息ついた後でした。

"私とシュンスケとの出会いは、とある出会い系サイトを通じてでした。

その日は日曜日だったのですが、私はアルバイトの面接に行き、それが終わって家に帰り、ホッと一息ついていました。

ここのところアルバイト探しや面接、その他諸々と自分のことでいっぱいいっぱいになっていたので、その出会い系サイトにも、しばらくアクセスしていなかったのですが、その日は何故かふと頭をよぎったのです。

気が向いたのでサイトを見てみると…以前何度かサイト上で会話をかわしたシュンスケからのメッセージが入っていて、私はすぐに返事をしました。

彼もたまたま休みで時間があったようなので、私から『今からお茶でもいかがでしょう?』と軽いノリで誘ってみたら、シュンスケからは『いいよ』という返事が返ってきました。

彼とは同じ市内だったので、お互いに場所の分かるカフェで待ち合わせをして、そこで初対面をしました。

シュンスケの第一印象は、優しいイメージで、ちょっと甘えん坊っぽいような…そんな雰囲気もありました。

カフェで少し話をして、日が暮れてきたくらいの時間になってきたので、とりあえずお店を出ました。

彼は『ちょっとその辺、ドライブしない?』と、私を助手席に乗せてくれて、彼の運転で近場をドライブすることになり、私とシュンスケはその間…何故かずっと手を繋いでいました。

人気のない駐車場に車を停めたシュンスケは、甘えるような優しい瞳で私をじっと見つめてきて、そしてキスをされ…

驚いた私は、ついシュンスケを突き放してしまったのです。

でも、正直どこか…彼の魅力に惹き付けられそうな自分がいたので、それを認めるのが怖かったという気持ちもありました。

彼はそれでも、何度も何度も私の唇を覆ってきて…

いつしか彼の唇は、首筋へと移っていきました。

そして、シュンスケの指が私の太ももを優しいタッチで撫でてきて、私はつい…

あ、…あ~ん

と声がもれてしまいました。

そんな感じている私を見て、太ももをつたわりながら…

私のソコを撫でてきたのです。

優しく触られ、私は我を忘れそうなくらいに気持ち良くなり…

あっ、あん…、んっ…』と、ついに声が抑えられなくなってしまいました。

興奮した彼は、指を私のナカに入れてきて…

ジュパッ…ジュパッ…

と、いやらしい音を立ててしまい、恥ずかしい気持ちと同時に、とても興奮していた自分がいました。

そして、いよいよ彼が我慢できない様子で…

自分のモノを出してきて、私に触らせてきたのです。

ほら、こんなに固くなっちゃったよ…』と。

車のシートを倒して、狭い空間でのセックスは、ちょっと不自由な面もありましたが、

非日常的なシチュエーションで、とても興奮しました。

シュンスケは私のナカに入ると、すぐに…

あぁ…もう、ダメかも…』と、言ってきて。

その、とても切なげな声に…

なんだか余計に感じてしまいました。

彼の腰を振るスピードが早くなり、私は…

あぁ~、いいっ!あっ、あぁんっ…

と、シュンスケを激しく求め…

彼がクライマックスを迎える前に、私は絶頂に達してしまいました。

その日の別れ際、シュンスケは『またね』と、

優しくキスをしてくれて、とても甘い気持ちになりました。

シュンスケとは近々また、会う予定です。"

あなたにおすすめの記事