同じ出身地の女性と意気投合して出会い系を介してオフパコ。

同じ出身地の女性と意気投合して出会い系を介してオフパコ。

"私の名前は智紀(仮名)、出会い系サイトを介し知り合った同郷出身の千佳(仮名)とは毎週金曜日に必ずエッチをしています。

就職を機に上京した私は、人恋しさから出会い系サイトを利用することになったのですが、出身地が違うと感性が違うのか、知り合った女性とはエッチに至ることがあっても、心が癒やされるまでにはなれませんでした。

同サイトは沢山利用しても一定額で済む定額制、暫く使わないでおいたら同郷出身の女性から数度メッセージが届いており、その女性に出身校を尋ねると、「〇〇高校、部活は△△部」。

〇〇高校の△△部は地元では可愛い子が多いことで有名、中学時代に好きだった女の子が△△部に確か入っていたと思い、「△△部にAさん(名字)は居た?」、すると「Aちゃん(名前)なら知っている、私、彼女と仲良かったの」。

出会い系サイトで知り合った者と会う時には警戒をするものですが、共通の知り合いがいるなら安心、急に親近感が湧いた私達は待ち合わせをすることに。

Aさんの知り合いなら大丈夫、事前に自身の電話番号を教えておくと電話が鳴り、「ここよ、手を振っているでしょ」、私に手を振ってくれていたのが待ち合わせをした千佳、中学時代に好きだったAさんと友達だけあり千佳も笑顔が素敵な女の子。

彼女、「智紀君?

私、「はじめまして

彼女、「絵が上手な智紀君?

私、「どうして知っているの?もしかしてAさんと連絡を取った?

彼女、「ゴメンネ、Aちゃんとは卒業してからもやり取りをしているの

私にとってAさんは憧れの存在、そのAさんが僕のことを知ってくれていたことだけでも嬉しく、千佳と仲良くなればAちゃんとも仲良くなれるかもと邪な考え。

千佳とは初対面でしたが、同郷出身で共通の知人がいると打ち解けるのは早く、その日は終電まで一緒に居ました。

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事