都会では彼女くらい大雑把でないと生きられず、会う度に私も彼女の影響を受け、寝癖くらいは気にしなくなりました。

彼女と初めて会ったのが夏の終わり、12月に入ると

彼女、「正月は帰省するでしょ

私、「そのつもり

彼女、「チケットは取ったの?

私、「まだ

彼女、「一緒に取っておこうか?

私、「うん

帰省中の1週間は千佳とは合わず、帰りのチケットも一緒だったため駅で同流。

彼女、「久しぶり

私、「声が大きいよ

彼女、「正月はどうだった?

私、「正月太りをしたよ

すると彼女は私のお腹を摘んで、「太っている

1週間ぶりの再会は東京でも同じのため、再会に新鮮味は無かったのですが、

彼女、「これ見る?正月に着たの

見せられたのは正月に姉妹で撮った晴れ着姿

彼女、「どっちが私か分かる

左はお淑やかに座っているのですが、右はお酒で顔が赤く写真からでもはしゃいでいるのは分かるため

私、「右でしょ

彼女、「どうして分かったの?私達姉妹は瓜二つって言われるのよ

私、「瓜二つなのは外見だけでしょ

次ページへ続きます

ランキング
あなたにおすすめの記事