私に好きな人がいれば違ったのかもしれませんが、恋人がいない私は千佳のことを恋人と仮定して見るようにすると、大雑把なところはあっても几帳面な私とはバランスが取れている、同郷出身のため味覚は同じ、育った環境も似ている。

千佳となら上手くいくかもと思い、彼女の姉の結婚に合わせて一緒に帰省した際に、プロポーズリングを渡しながら告白すると、「この指輪いくらしたの?」、大雑把で無神経な彼女ですが私の思いが伝わり2人は付き合うことになりました。

告白した日にキスは出来たのですが、エッチをしたのはキスから3ヶ月後、二人ともアパート暮らしのため問題はどちらの部屋でエッチをするか?

私の部屋には何度も来ている彼女ですが、そろそろエッチをしそうになると彼女は壁の厚みをチェック

彼女、「このアパート、私のアパートより壁が薄いね

私、「隣から音が聞こえたことはないよ

壁の厚さを気にするため初めてのエッチは彼女のアパートで、壁の厚さを気にしたのは彼女の喘(あえ)ぐ声が驚くほど大きいから。

私は彼女の口を塞いでエッチをするのですが、口を塞がれると彼女は余計に感じるらしく、エッチをする際はテレビのボリュームを大きくして喘ぎ声が住人に聞かれないようにしています。

当初は互いの部屋を交互に訪れていたのですが、エッチをするようになってからは彼女のアパートに入り浸り、毎週金曜日にエッチをするのが恒例になっており、ケンカをしても必ず木曜日までには仲直りが出来るため、2人の相性は悪くないのかもしれません。"

ランキング
あなたにおすすめの記事