この話は自分が大学生の頃に起こった話です。

当時付き合ったことがなくて童貞であった私は出会いの場所が特になくて困っていました。

サークルにも入っていなくてバイト先も主婦の方ばかりで同世代がいなくて、学校でもあまり友達がいなかったのでなんとも冴えない生活を送っていました。

そゆなときにあるサイトでハッピーメールの広告と出会いました。

そのサイトは出会い系のサイトであり登録者数も多くてそこで出会った人たちが付き合ったりしているということも書いてあったのでそれを見てなりふり構わずそれを利用することにしました。

利用してみると登録者の数の多さに驚かされました。

こんなに多いとは思っていなかったのでそれにびっくりしました。

しかしながら、なかなか声をかけてもらえる回数が少なくて困っていました。

人気なのはやっぱりイケメンなんだなと思って、こんなブサイクな大学生なんか相手にしてもらえないんだなと思ってそれに絶望していました。

すごく悲しくなったので落ち込んでいるとある方からメッセージが来ました。

その方はすごく美人で30代の女性でした。

すぐにプロフィールを見てみると社会人の方で彼氏はいないということでした。

写真の美しさに惹かれてしまい声をかけてそこからメッセージがスタートしました。

向こうから積極的にメッセージが送られてきてそれに返信するという形であったのですが、向こうからメッセージが来てやり取りするという経験自体が少なかったのでそれに関してとても嬉しかったです。

そしてやりとりをするうちに仲良くなったので今度会うことになりました。

実際に出会い系の人にやりとりをして会うという経験がしたことなかったので会う前は相当緊張したのですが、会ってみるとすごく美人で美しすぎてそれに驚かされました。

こんな美人がやりとりをしてくれてたんだというびっくりです。

そしてデートをしたのですが、まず行ったのは漫画喫茶でした。
冴えない童貞の僕の人生最大のチャンスがマンガ喫茶セックスだった件
お互い漫画が好きということであったのですが、なんでだろうと思っていると向こうから服を脱がされました。

それに驚いていながら興奮した私は不器用ながらも行為をすることにしました。

漫画喫茶ということで喘ぎ声があまり聞けなかったのですが、アブノーマルなシーンで行為をするということに興奮してしまいました。

終わった後にすごくエロそうな顔になっていてそれにまた好きになってしまいました。

そこからデートを重ねて付き合うことになったのですが、しょっぱなの満喫は驚きました。

あなたにおすすめの記事