しばらくすると俺のものを触るリカの手が止まり始め、ぐちゅぐちゅとリカのあそこは溢れ始めた。

ああっ、あんっあんっ、やばい、だめだよ…溢れちゃうからっ

構わず刺激し続ける。

ボタボタとリカの愛液が床に落ちる。

だめだって…んんっ…くっ…いっちゃう…

そのままホテルの玄関にへたり込むリカを無理やり立たせ、壁に手をつかせる。

びちゃびちゃに汚れた彼女のあそこに後ろから一気にモノを入れる。

いきなりだめだって…

ごめん、我慢できない

そればっかじゃん…

後ろから激しくリカを犯す。

二人の吐息が重なる。

リカはもう立っているのも無理らしく、俺が支えていないと崩れ落ちそうだった。

彼女の中は熱く、狭く、それでいてたっぷりと濡れていて、死ぬほど気持ちよかった。

有り体に言えばめちゃくちゃ名器だった。

俺は普段の半分くらいの挿入時間で、もう自分が限界であることを知った。

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事