汗臭いオフパコに興奮しまくりの彼女

俺のオフパコしたい気持ちを見のがしていなかった。

少しぽっちゃりした体型の純代に興奮してギンギンになった。

"出会い系サイトに登録したはずが、なぜかテニスの同好会に参加していたことがあります。
これは、出会い系サイトで知り合った女性が、テニスが趣味だったのですが、テニスの会話をしているうちに俺もテニスをする羽目になったのです。

俺は学生時代にテニスをしていて、ラケットなどは一通り持っていたので、とりあえず楽しく彼女とテニスをしていました。

彼女の名前は美香(仮名)と言います。
テニスは数人で集まってしていたのですが、ある時人が集まらず、美香と二人だけでテニスをすることになりました。

これはチャンスと思った俺は、美香とオフパコをすることにしました。
美香は出会い系に登録したのですから、男とエッチする目的があったはずなのです。
とりあえず、美香に彼氏がいないことは調べていました。

テニスが終わった後、ファミレスで一緒に食事をして、美香の家に行きたいといきなり言ってしまいました。
美香は一人暮らしだったので、軽い冗談で言ったつもりが、なんだか本気の言い方になってしまいました。

すると美香はサバサバした感じで「家に来ていいよ」と言いました。
俺のオフパコしたい気持ちを見透かされたのでしょうか?
とにかくこのチャンスを逃したくありません。

美香の家に直行することになりました。
テニスをした後、風呂に入っていなかったので、美香の家で体を洗いたい気持ちもありました。
美香の家について早速風呂場を借りようとしたら、なんと美香が抱きついて来ました。

「やっと私の気持ちが分かったの?」と言います。
美香は俺に誘われるのを待っていたのです。
俺は嬉しくなり、美香を思い切り抱きしめました。

すると、予想しない匂いがします。
美香の汗の匂いです。
それまでに付き合った女性には、気づきませんでしたが、女性の汗は匂いがきつめなようです。

お互いテニスで汗をかいた後に抱き合っているのです。
美香の汗は決していい匂いではありませんが、俺の下半身はかなり興奮しました。
美香の汗の匂いを嗅ぎながら、身体中に俺の体をすりつけます。

今回のオフパコを想定してコンドームを持参していたので、お互い汗臭いまま、美香のあそこにペニスを挿入しました。
美香の体と汗の匂いで、俺は興奮しました。

美香の下半身のあそこは、汗と合わせた酸っぱい匂いがしましたが、クンニはやめておきました。
美香はテニスをして鍛えているので、体がムチムチしていて、抱き心地が最高です。
あそこの締まりも良く、程なくしてイってしまいました。

俺がイッた後、美香はシャワーを浴びに行きました。
その後、俺もシャワーを浴びました。

酸っぱい匂いがしていた美香のあそこは、シャワーを浴びた後は無臭になっていて、思わずクンニをしてしまいました。
美香もお返しにフェラをしてくれました。

その後、テニスの同好会が終わった後は、美香の家でのセックスが習慣になっています。
美香は汗臭いのを気にするようになり、セックスの前は必ずシャワーを浴びるようになりました。
美香の汗の匂いが体験できないのは、ちょっと残念です。

でも、夏場は美香の汗の匂いがどうしても出ちゃいます。"

あなたにおすすめの記事