人恋しさで彼女でもセフレでも欲しかった。

人恋しさで彼女でもセフレでも欲しかった。

"僕は20歳の群馬に住む大学生です。

群馬は東京などの都会と違い、セフレはなかなか見つかりません。

私は彼女もセフレもおらず、毎日悶々としていました。

とにかくセックスをしたく、彼女でもセフレでも欲しかったです。

そこで僕は出会い系サイトを使うことにしました。

使った出会い系サイトはPCMAXです。

PCMAXは女性会員数が多いので、群馬でも登録している女性が多いと思ったからです。

出会い系サイトでは人妻と出会いやすいという情報が多く、僕自身も年上の女性や熟女が好きなので、まずは人妻のセフレを作ろうと思いました。

ピュア掲示板に「年上のお姉さんに色々教えてもらいたいです。」と書き込みしたところ、40代の熟女からメッセージがありました。

年上過ぎても良いかな?」と言われたので、「お姉さんにみたいな年上に色々教えてもらいたいです。」と返事をして、それからやり取りが始まりました。

その後、LINEでやり取りして、会う約束をしました。

彼女とは高崎駅で待ち合わせしました。

待ち合わせ場所に行っても、誰か彼女かわからなかったので、LINEで特徴を聞いて、彼女と会えました。

彼女はお姉さんではなくおばさんで、ぽっちゃりしていました。

僕たちはまずは食事をしました。

緊張してしまい、彼女とあんまり話すことができませんでした。

彼女も心配してか、色々と話題を振ってくれました。

食事が終わった後、彼女の車に乗って、ドライブしました。

しばらくドライブしてから、「ホテル行こうか?」と彼女は言ってくれました。

僕はもちろんOKし、僕たちはホテルへ行きました。

部屋に入ると、彼女は私にキスをしました。

舌を絡ませてきます。

ねっとりして気持ちいいです。彼女がキスをしながら僕の股間を触ると、「大きいわね。」と言いました。

キスを終えてから、僕たちは服を脱ぎました。

彼女は胸が大きくお腹が垂れていました。

彼女の身体を見て、僕のチンコはギンギンに立ちました。

彼女が僕のチンコに触ると、「硬くて大きい」と喜んでいました。

僕たちは一緒にお風呂に入ってから、ベッドに行きました。

彼女にキスをしてから、彼女の胸を揉んだり、乳首を吸いました。

そして、彼女の股間に顔を埋め、マンコを舐めました。

ああ、そこ。もっと舐めて。」と彼女は僕をエスコートしてくれました。

その後、彼女は僕をフェラチオしてくれました。

気持ち良くて、すぐに射精してしまいそうでした。

我慢できなくなった私は、彼女を仰向けにして、正常位で入れました。

ああん、大きくて硬くて気持ちいい。」と彼女は感じていました。

腰を振ると気持ち良くなって、僕はすぐに射精してしまいました。

彼女は「もっと気持ち良くして」と不安そうでしたが、僕のチンコはすぐに立ったので、2発、3発とホテルの休憩時間が終わるまで、僕たちはハメまくりました。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事