私、ご奉仕したいんです

このひと事ですぐに会う事にしました。

ホテルに入ると抱きつかれてきました。

両手が頬に添えられると目を閉じて唇をあててきました。

早速開始です。

熱烈なキスをかわしていると舌が口の中に入り込んできた。

舌をどんどん絡めてきます。

私が舌を入れかえすと唇で舌を吸ってくれました。

私のジャケットを脱がしてボタンを一つ一つ外していきます。

はだけると胸に手を入れてきて乳首をいじってきます。

勢いよくシャツを脱がされると舌を出してきたぺろぺろ乳首を舐めたり吸ったりしてくれます。

脱がして

女性の声に応えて私は次々と女性の服を脱がします。

ブラのホックを外すとボリュームのあるEはある大きなバストが出てきました。

奉仕するのが好きな僕は、女性の言いなりになって…

私がむしゃぶりつくと女性は卑猥な声をあげてきました。

早く見たい

女性はつぶやくと私のパンツを持ってずらしていきます。

引っ掛かっていた棒が反動で勢いよく飛び出してきました。

あぁ

女性は髪を耳にかけると愛しそうに頬張りはじめました。

ジュボジッボ。

嫌らしい音をたてながら女性は上下に動かして私の棒を咥えていきます。

口から離すと唇から棒まで息をひいてきて嫌らしいです。

横になって

横になると股間に顔を埋めてきました。

亀頭から舌を舌に這わせて舌に動かしていきます。

裏筋も丁寧に舐め上げてくれて快感が背中を走ると珠を久地に含んでくれました。

よがれが垂れてくるほど唾液が出てきて舐められると体が震えてきました。

女性は足を抱えて少し持ち上げると尻が少し上がりました。

更に顔が下に動きます。

舌先を尖らしてワタシの校門にあたりました。

ツンツンと刺激してきます。

反射的に背中がそってしまいます。

舌で肛門の周りをペロペロなめろと舌先を肛門の中に捩じ込んできました。

私は思わず声が出てしまいました。

私の中に女性の熱い舌が入り込んできます。

居間までに感じたことのないなんとも言えない感触でした。

体を起こすとまた某に体が移りました。

領土で自分の乳房を持つと私の棒をその豊満な乳房で挟んでくれます。

固い棒が柔らかく包まれてとてもふんわりした感触が得られます。

よだれを上から垂らすと滑りがよくなり、より快感が得られました。

んふ

また棒を口に含んできました。

喉まで深く入れてくると顔を動かして一生懸命出し入れしてきます。

口の中で舌でも刺激をして筋を這わしてきます。

スピードがあがり唇をすぼめだしてきました。

棒への刺激が止まらず睾丸がきゅっとしてきます。

出そう

そう言うと女性は逃がすまいとお尻を抱えてきました。

ドピュ。

助勢の口の中で発射してしまいました。

女性はそのまま口を離さず最後まで吸い上げてくれました。

とても気持ちよかった。

あなたにおすすめの記事