マンションの隣の部屋から声が聞こえてくる…

話し声の他に女の喘ぎ声。

対してエロい声でもないというのに、俺はその都度女のよがる声に聞き耳を立ててしまった。

あー、うー、ああん!

友人にこの話を聞かせると、誰もが部屋に遊びに来たいと言う。

でも、女のよがる声、とてもじゃないけど、いい女の声ではなくて…

一度遊びにきた友人はすぐ帰っていった。

そんな風にしながら俺的には、引っ越しを考えるほど耳障りだった…

そして、あの日の夜、俺はどうかしていた。

ムラムラしている欲望を抑えきれずに、出会い系サイトを執拗に求めていた。

とにかく誰でももいいから、女を抱きたいんだ…

という願望で女を求めていくことに…

普通のアラサーの女…脱いだらエロくてバックからめちゃくちゃにした

ちょっと年増の女か、あるいはちょっと若すぎる女のこか、どちらにしてもきついなあと思いながら、ホテルにいった女は35歳、主婦と聞いている。

そんな幸せそうな身分で出会い系の男とホテルに行こうなんて。

よほど性欲が強いのだろうか…

彼女はごく普通に見える女性だった。

ひざ下のスカートとブラウス姿。

ところが、脱がせるとエロかった。

垂れ気味の乳はボイン、ウエストのくびれと尻のバランスが適度に調和されている体。

俺のような甘えたい男にはちょうど理想的な女。

裸になってもらうと積極的に絡みついてくる、自分から姿勢を変えたりしながらも。。

シックスナインの姿で俺たちは求め合った。

お互いに持っていないものを求めて…

自慢ではないが、長めで太さもちょうど良いあれを口に含む彼女が愛しくて、俺も彼女の秘部を懸命に舐めていった。

クチュウ。。目の前にせまる二枚貝に指を差し入れてみたり…

という風にしながら…

出し入れしながら、指先にその感度を感じ取る。

子供はいないというので、余計に興奮してきた…

指先を陰部の中にこすりつけてゆくと、小さく喘ぎながら腰を振り乱した。

気持ちいのか?

う。。。

快感ゆえに声にならない様子で思わず、俺は愛撫の力を強めてゆくことに…

あっんんん?気持ちいい。

そのうち女の方は自ら腰を振り付け、尻を浮かしてきた。

よしよし…と思いながら俺は彼女を四つん這いの格好ではめた。

バックスタイルでの挿入…

ああん!

奥の方まで当たるのだろうか。

バックスタイルでついてやる快感は、女をめちゃくちゃにしてやるという気持ちが実現できるから。。

女の方も侵されてるような気分に浸ることができるという意味で、快感を得ているらしい…

はあんー。はあんー。

発情期のメスのように泣き叫ぶ女、俺はこの女と出会いよかったと思う。

あなたにおすすめの記事