私は出会い系サイトで知り合ったこうた君に会うために駅前の広場を訪れた。

こうた君はあずきが大好物らしく、女性の体にあずきを塗りたくって舐めたい願望があるようだった。

周りにいる女性に頭を下げて頼んでみるも断られたみたいで、どうしてもその願望を叶えたくてワクワクメールに登録したらしい。

私はいつもエッチな妄想をして楽しんでいるうちに、実際にセックスしてみたくなってワクワクメールに登録した。
食品プレイは初体験だったけど、思った以上に楽しめた件
誰か良さそうな男性はいないかなと探していたところ、プロフィールにあずきを体に塗ってもいい女性募集してますと記載していたこうた君を見つけた。

何だか興味を惹かれてメッセージを送ったのだ。

それがきっかけでこうた君とは頻繁にメッセージをやりとりするほどの仲になった。

そうしてエッチな話題で盛り上がっていると、こうた君からあずきを体に塗ってエッチしてみないかとメッセージが来た。

興味を惹かれていた私はすぐにやってみたいと返し、駅前の広場で待ち合わせることになったのだ。

ぼんやりとしながら待っていると、爽やかな男性が広場にやってくるのが見えた。

男性は途中で立ち止まると、キョロキョロと辺りを見回した。

誰かを探しているようだし、この人がこうた君かもと思って私は声をかけた。

こうた君かな?

そうだよ。早速だけど、俺の家でやらない?

うん、やろう

頷いた私の手を握り締めると、こうた君は家に向かって歩き出した。

家に着くと、私とこうた君は手早く服を脱いで全裸になった。

それからこうた君は冷蔵庫からあずきの缶を取り出した。

たっぷりとかけてあげるよ

こうた君はそう言うと、缶を開けてあずきを私の体にかけてきた。

あずきをかけながら、こうた君は片手で体全体に伸ばしていく。

あずきはひんやりとしていて思ったよりも冷たかった。瞬く間に体があずき塗れになった。

こうた君は中身がなくなった缶を置くと、あずき塗れになった私の乳房をペロペロと舐めてきた。

乳首を舐めたり吸ったりしてきて気持ちよかった。

フェラしてくれるかい?

うん

私は体に付着したあずきを掬い取ってペニスに塗りたくってから咥え込んだ。

ゆっくりと頭を前後に動かしてフェラを始める。陰茎を舐め回すと、あずきの甘みが口の中に広がって美味しかった。

無我夢中でペニスを貪っていく。

もう出る!

こうた君は私の口の中にドロドロの精液を出してきた。

ごくん、美味しい

私はあずきと一緒に精液を飲み込んだ。

四つん這いになった私のオマンコにこうた君はゆっくりとペニスを挿入してきた。

それじゃ、動くよ

こうた君は言いながら、ゆっくりとピストンを運動を始めた。

首だけを動かして振り返ってみると、こうた君がピストン運動を繰り返しながら、アナルにあずきを突っ込むのが見えた。

アナルに少し力を入れてみると、ブッと屁が出てあずきが勢いよく飛び出し、こうた君のお腹に当たった。ちょっと恥ずかしかった。

ちょっと激しくするね

こうた君はそう言うと、その言葉通りにピストンを運動を激しくしてきた。

ペニスで勢いよくオマンコを何度も突いてくる。

ああん!気持ちいい!

私はあえぎ声をあげながら、思わず腰をめちゃくちゃに振った。

私の動きに合わせるかのように、こうた君はテンポよくペニスでオマンコを突いてきた。

オマンコから愛液が溢れ出し、卑猥な音を響かせた。

もう出そうだ!中に出すよ!

こうた君は叫ぶと、私のオマンコに大量の精液を注ぎ込んだ。

いいセックスだったよ

こうた君は満足そうな表情を浮かべると、アナルから飛び出したあずきを嬉しそうに食べた。

ランキング
あなたにおすすめの記事