だめだめっだめですってば

スーツを脱がすと結構ラフだ。

簡単に下も脱げる。

唇を奪い胸をまさぐる。

んんっんんーっ

小さいが感度は高い。

ここでしたことは?

初期は・・・でもあんな風に男たちにやられて・・・

ふぅん。

じゃあ相手が一人ならいいのかなと下をずり下ろし股間に手をやる。

あっちょっあぁんっ

湿ってる。

他がこないようにすれば、ねっ

うぅ・・・

んーっんんーーっはぁっはぁっ

彼女は声を押し殺しながら僕の愛撫で感じていた。

すごい濡れ方だ。

溜まってる?

やぁんっ

ひざまずかせ僕のを咥えさせる。

あぁ・・・

汗臭いかな。

ミカコさん音をたててしゃぶりはじめた。

んんっじゅぶぶぶっぢゅぅぅぅっ

いいんだね

もぅここまでされたらぁ

泣きそうな顔な彼女の片足を抱えた。

次ページへ続きます

あなたにおすすめの記事