刺激を求めるために出会い系サイトを活用している。

刺激を求めるために出会い系サイトを活用している。

"名前:あさ40歳女性

私はずっと35歳になっても両親に私生活を管理されていたので、その長年のストレスからPCMAXの出会い系サイトにはまってしまいました。

ずっと子供の頃からの男も知らない清純な優等生といった両親が私に託していたイメージが自分は本当は嫌いで嫌いで、このイメージのせいで結婚出来ないばかりか、彼氏すら何十年も出来ないといったジレンマに陥っていたのです。

そのストレスによっていつの日からか、出会い系サイト(特にPC MAX)にはまるようになってしまいました。

出会い系サイトでは、いつも1回限りのアヴァンチュールを楽しめる人だけを探しています。

待ち合わせの場所はいつも渋谷駅周辺にしています。

それは渋谷という人ごみの中では、きっと私達みたいないかにも出会い系サイトで待ち合わせしているカップルは、上手に雑踏の中に紛れ込む事が出来るからです。

今までに出会った相手は、サラリーマンに学生、フリーター、自営業といろいろな人がいました。

1回Hをするとまた会いたいといってくる人も今までに何人もいたのですが、私としては刺激を求めるために出会い系サイトを活用しているので、その場限りの体だけが目的の相手に絞っているのです。

そうやって出会い系サイトでいろいろな男性との関係を続けていくうちに、自分の両親が長年私に押し付けていた清純派で優等生といったイメージが少しずつ壊れていくのを感じる事が出来るのでした。またそうしていくと新しい自分が発見できて嬉しくも思うようになってきました。

私にはこんな方法でしか、自分の奪われた人格を取り戻す事が出来ないのです。

いつも出会い系サイトで相手探しをしている時の、この人は一体どんな人なのだろう?どんなHをするのだろうといった謎めいたワクワク感と、実際に会ってからHするまでの刺激的な駆け引きは、平凡で退屈な私の生活にこの上ない刺激と興奮を与えてくれるのです。

そして初めて会った相手とのHの後には、何事もなかったようにまた両親が臨む清純派で優等生の自分に戻るのです。

出会い系サイトの中でこそ本当の自分を出せるような気がして、いつもエロ雑誌で覚ええた刺激的なHをその場限りの相手とじっくり楽しんでいます。

きっと私が学生時代から男性と一度も付き合った事がないと思い込んでいる両親がこの事実を知ったらびっくりするだろうなと密かに思い浮かべながら、私は今日も出会い系サイトで男漁りをするのでした。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事