りえこは昨日彼氏と別れたばかりで。

別れたというよりも、振られてしまったばかりで…

内心落ち込んでいた。

そんな時に、りえこは出会い系で憂さ晴らし。。

ちょっと悪い使い方をしていた。

それは、出会い系の男と待ち合わせを取り付けておいてから、ドタキャンしてしまうという方法。

ただのドタキャンではなく、りえこは現場に赴いて影から男の様子を見るという…そういう悪さをしていた。

これが、りえこから男へのストレス発散方法。

次の要求をいかに満たしたいと、出会い系サイトの利用を継続していった。

また1人の男性との出会いが訪れた。

彼は中年の男、大して惹かれない相手なのに、性癖は同じであった…

SMが好きだということ。

M男を痛めつけることに興奮して、あそこが熱くなる…

特に女性のSが好きだということで気があった。

男とホテルで楽しんだプレイのうちには、ボディスーツを身にまとい、男の体を踏みつけ、男に命令を下し、などなどの数え切れないプレイをエンジョイ。

特に彼が萌えたプレイとは、あたしがボディスーツに、身を包んでいるというところに、大きく開脚を支持してきた。

そうして、ボディスーツに身を包んだ状態で、そのままあたしの下半身を、マングリ返し、行ってきたところ。。。

恥ずかしい、はずかしすぎる光景…

はあはあ…

男の方はごくごく視覚的な興奮状態にあるらしいことはわかる。。

はあはあ…

男の鼻息が荒れてきて、あたしの柔らかい太ももの肌に息がつたう。

はあはあ…

男が興奮しているとき、女はいたって冷静であることが多いし、女が夢中で感じている時には逆に男は冷めていたりするもの…

少し冷めた気持ちで男の興奮状態を感じていた。

ハードなボディスーツの上から刺激されても、感じにくい…

でも中から湧き出てくる興奮であれば、体の奥より湧き出てくる。

まるで涙のようでもあり、よだれのようでもある。

彼はいったいあたしの、いや、女のこの状態を見れば、よだれ、というのか、それとも、涙というのか、それはいったい、どっちだろうか…

ムラムラ…している体の奥の方では、たぶん奥に挿入されたくて、ムズムズとしていた。

あたしの奥の方に入れて欲しい

と。

そうして、あたしの奥の方をかき混ぜて欲しいんだと…

目はうるみ、口はぽかんと開いてしまう。

まるで欲しがる淫乱女のように…なっているに違いない。

鏡を見ればきっとそうですあろうと思いながら、想像しながら…のエッチをエンジョイしていた。

男は誰でもよかったし、彼もまあまあよかったと思えた。

あなたにおすすめの記事