ミニスカートを履いていったら目のやり場に困っていた。

ミニスカートを履いていったら目のやり場に困っていた。

"出会い系アプリで知り合ったシンジ。

お互いのラインを交換して、何度かやり取りをしていました。

住まいもそんなに離れてはいなかったので、そのうち会えたらいいなぁ…

なんて、はじめはそんな軽い気持ちでした。

そして数日後、私の家の近所で会うことになり、広い駐車場のある店舗で待ち合わせをしました。

私がミニスカートを履いていったからか…

会うなり、シンジは私の身体をガン見していました。

恥ずかしい気持ちと、ちょっと変にドキドキした気持ちとで、困惑してしまっていた私に…

シンジは優しい言葉をかけてくれたり、フレンドリーに接してくれたりしました。

その日は私の車で近くのカフェに行き、軽くお茶をしたのですが、帰りの車の中で…

彼が急にキスをしてきたのです。

あまりに突然のことで驚きを隠せなかった私は、

シンジを突き放そうとしましたが、

それでも何度も何度も、キスをやめてはくれなくて…

帰りの運転では全く集中できずにいました。

その日はなんとか彼をなだめて、そのあと帰ったのですが、その数週間後のことです。

シンジからのラインで話をしているうちに、

来週あたり会おうよ!』ということになり…

そして私は、彼のマンションにお邪魔することになりました。

お部屋にお邪魔するやいなや、彼はペタペタと異様にくっついてきたがる様子。

とりあえずテレビを見ながら、他愛のない話や、

悩みを話しているうちに…

徐々に身体はかなりの密着モード。

そしてシンジは、私の身体を触り始めてきたので、

やめて、そんな…ダメだよ

と、私は必死に抵抗をしました。

ですが、彼は一向にやめてくれる気配はなく…

私の身体を触り続け、いろいろなところを舐めてきたのです。

私は身をよじりながら、

だんだんと彼のペースに巻き込まれ…

途切れ途切れの、切ないようなあえぎ声を出していました。

その当時、私には彼氏がいました。

別れる間際で、いろいろと揉めていたので、かなり上手くはいっていない関係性でした。

ただ、きちんとお別れをしてはいなかったので、

どうしても彼氏のことが頭をよぎってしまい…

あぁ、なんてイケナイことをしているのだろう…

と、自分を責めながらも、

こんなにも敏感に反応してしまう自分の身体に、

ちょっとだけ罪の意識でした。

その後もシンジは、ますますエスカレートしてきて、

もうビンビンでたまらない様子。

いっ…いい?もう我慢できないよ

と、シンジは自分のモノを、私のソコに入れてきました。

あぁ~っ、あっ…あっ…

と、私は彼のペースにあわせて腰を動かし、

互いに激しく、時に優しく求め合った最後…

彼はクライマックスを迎えました。

その日の別れ際には、

また…ね。』って、そう言ったシンジ。

結局、会うのはそれっきりになってしまっていますが、

今でもシンジとはラインのやり取りをしています。

次はいつ会える?

と、いつもシンジは私に聞いてきます。

近いうちにまた…

シンジのマンションで、秘密の夜を過ごすことが

私の密かな楽しみです。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事