90年代のCMのような綺麗なおねいさんを好きなときに見ていたい。

そんな欲求を解消するために、出会い系を探して、好みではないが一般的に綺麗な女性と会うことに。

あまりに美しい女性を目にすると緊張してしまった俺は、まるで美しい花を見ているようなそんな気分に。

そして、ホテルで綺麗なおねいさんの両足をを開き、指先を入れながら眺めていたら満足した俺は・・・

綺麗なおねいさんの両足をを開き、指先を入れながら眺めていたら満足した俺は・・・

最近シーエムでも綺麗なおねいさんを見かけることがなくなったなあとひとり嘆いた。

そう、ひとりで社会への不満を抱えていることが多い。

媚びるやつ、ずるい奴他。

90年代のような綺麗なおねいさんを自宅で好きな時に見ていたいんだ。。

そんな欲求すら叶わぬ日々。

そして俺は、街に出た。

綺麗な幼女ならたくさんいるけれど…

綺麗なおねいさんとの出会いを求めていざ…

インスピレーションで女性を決めることに…。

透明感のある肌の女性。俺の好みでは明らかにないと言える。

でも一般的に綺麗であればそれでいいっかと。

声は低めで鼻声に聞こえるが、とにかく綺麗な人だ。

いいんだろうか。

あまりにも美しい女性を目にすると、緊張してしまう。

シャツを脱いで、そしてジーンズに手をかけた。

デニムパンツでもくっきりと見えた尻、その尻の丸み、膨らみを見ていると。。

きゃあ。。何するのよ…」

尻に飛びついてしまった。

低い声で叫ぶ女性はそのままセクシーな全身をみせた。

うわあ…綺麗だね。セクシーな女性だ。

とくにタイプということでもないのに、一気に見とれた。

やっぱり綺麗なおねいさんはいいよな…美しい花を見ているような、美しい空を見ているようなそんな気分。

ああ、やっぱりこういう女を嫁にしたいな。

その太ももは、細く見えても案外ふっくらとしていた。

そうして、手足も長くすらりとしている。ヘアスタイルはストレート。

そんな風にして、綺麗なおねいさんに見とれた。いよいよ味見をしてみたい…

味見がしたい…。

まずは足首を持ち、つま先周辺を舌でペロリとなめてみた。

ひやあと腰が浮いたように見えた。徐々に太もも周辺へと舌をずらせてゆき、ついに…内腿へ。

は。。

綺麗な女のあそこは、やっぱり綺麗だった…。

深く深くなっているようで、両脚をぐいっと開いてもらった。

そして、開いた両脚を覗いたらそこはピンクベージュのお花畑で…

まずは息を吸い込む。

深く深く…じっくりと観察へ。

観察しながらも香りをかぐ。

そうして、美しい花びらへと指先を入れてみる。

はあ…綺麗だ。

その美しい花びらをながめていると、いい気分になれた。

はー、いいものを見せてもらえたな。

心のうちで感謝しながら彼女の脚を閉じてみた。

俺には上等すぎる女だ。綺麗すぎたし、もったいない女だ。

最後まで終えていないのに満足感が出た。

綺麗すぎる女もまた無理だったという…もっとこうっ、軽いノリで考えずに抱ける女がいないものか…とよそ見をしだしたんだ。

あなたにおすすめの記事