んんーっあぁんっ

ブチュブチュクンニしてからチ〇ポをあてがった。

ほらほらメイちゃんオ〇ンコしてって言って

・・・オ〇ンコしてください

ズンッ。

やぁっあふぅっ

目を閉じてビクリとなった。

腰を押しつけると「やぁっやぁーっ届く届くっ」メイちゃん泣きそうになってる。

僕の長いからね。

そらっと激しく腰をつかった。

やーっやぁっやーっやーっ

彼女は僕の下で大暴れしながら半狂乱で感じてる。

きゃぁーーっきゃぁっやだぁっあーっあーっあーーっ

力強くズボズボッとやると大口を開けてのけぞった。

あっあがっあっはぁぁっ

いったな。

チ〇ポを抜いてメイちゃんの口に突っ込んだ。

んむっんほっんぅっ

これでメイはマ〇コいったんだぞっ

彼女の舌が形を確かめるように動かした。

次ページへ続きます

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事