彼氏に浮気されたので仕返しするつもりが、愛してしまった

上手いわね、彼氏は激しいのばっかでうんざりしてたから新鮮だわ。

彼は下の方も触ってきた。

あっ…あああ…///

指で触られたと思えば、クリトリスを舌で舐められる。

や、やあっ…///イくっ…

〇〇さん、凄く可愛い…挿れるよ…?

ズブズブと、彼のモノが入ってくる。

ゆっくり腰を動かし、正常位で突いてくる。

あっ………あああ…///

気持ちいいよ…〇〇さん

やあっ…ダメぇ、イく…!!

私は何度もイッてしまい、彼も私の中で果てた。

彼は自分のモノを抜くと、私を抱きしめながら「愛してる」と囁き、そのまま眠った。

ズキッ

心がまた痛くなった。そして、なぜだか私の目から涙が溢れた。

………ごめんなさい

そう呟き、私は眠る彼と自分の裸の2ショットを撮影した。

私、あなたと恋愛がしたかったな。

こんな最低な形で出会いたくなかったな。

後日、写真を彼氏に送り付けて別れた。

同時に、一夜限りの関係を持った彼の連絡先も消した。

しかし、あの気持ちよかった夜が忘れられず、未だにオナニーのおかずにしてしまう。

あなたにおすすめの記事