バツイチ、再婚希望の女性あゆ。

男の理想は高く条件も多い、なのにもててしまう、という不思議なキャラクター。

美貌特に顔が綺麗だからかもしれない。

母親譲りの美貌は、整形をほどこさなくてもいいくらいに綺麗と言われていた。

アイドルになれそうなくらいに。

でも当人は興味がなく、早く結婚して家庭におさまりたいと思っていたとき、彼氏に振られちゃい、出会い系へ。

出会い系って昔彼氏も遊んでいて、喧嘩になったことも。。

出会い系サイトのやり取りは際どくて、ちょい苦手だった。

とにかく感情の整理もできずただ人のぬくもりが欲しい、どころか、人の肌が恋しい、そんなときに遊んだ男とホテルへ。

3度目くらいでホテルへ入った。

すべての食事はおごってもらえたし、まあいっかって。。

綺麗だね。

よく言われてきた言葉を聞いて、うんざりした。

綺麗なのは、知っていた。他にないのかなあと。

くちゅう。

美人な彼女は恥ずかしい姿にされてエッチなおねだりを連発

キスキスキス。

彼はとにかくキスでせめてくる。

耳たぶにキスを受けて、思わずくすぐったいと身をよじる。

じゃれていると、すぐに濡れてきて挿入できる準備が整う。

くちゅう。

最後のキスの後に挿入。

充分に濡れていた。。。

めいっぱい広げられて入ってくる、太いけれどソフトだった。

特に男のペニスについての好みはないけれど…

太くてソフトでも、細くてカーブしていても、どちらでもよかった。

仰向けになるとまるでカエルのような姿、カエルの姿で挿入されているときちょっと恥ずかしくて、思わず顔を背けてしまう。

気持ちいいけれど

軟体の体は開脚には適しており、深く挿入できてしまう。

ああん。

子宮おくまで届くみたいな気分に。

お餅つきのように、深く挿入され、深くおしいられていた。

もっともっと入れて欲しいの。もっと入れてちょうだい…

ズブズブと奥へとくわえ込み、口の周辺からは白や透明の液体が流れた。

はあん、

自分の中で活き耐えるなんて。。

仰向けのあたしのおっぱいを両手でもみ、楽しんでいる彼。

その表情はまるで、悪い人のようだった。

はあ…はあ…はあ…ああん…気持ちいいのん。もっとやって欲しいの。

口からどんどんとおねだりのオンパレード、そして、彼の方も応えてくれた…

はあ…正常位って女性の体によくないって聞くけれど、そうでもないのかも…

案外気持ちいいし、長い時間楽しめる。

お互いの顔を見れて、いいのかも。。

かわいいと言われて自信がある、あゆにはどんな、角度から見られても恥ずかしくなかった。

あなたにおすすめの記事