頼りない男だなと思いながらも、ホテルへ。

男の方はその気だったみたい。

あすか26歳、男からの扱いは若い子という軽いノリ。。

軽いノリで扱われることに対して、憤りもあるし、加えてプライドが許さない性格なのに、このときは別だった。

男の方が年上ということもあり、あすかちゃんと呼ばれたことも許せた。

男はというと、ホテルではまるで子猫をかわいがるように、全身をくまなく舐めてくる。

ペロリと。。腕、手首、鎖骨、首筋、乳首と…また下へも。。

そんなふうにして舐められているうちに、心地よく感じて…声をあげ身を任せてゆく。

はあん、もっと。

男が舌を出してあたしのことを舐めている、その姿が目の前に、その姿に感動し…ついに、閉じていた開脚を自ら開いた。

風がスーと入り込み、彼の頭も股にきて。。

実は、、自分では自信がないという部位を丁寧に舐めてくれる彼、ほんと男の不思議、丁寧に丁寧になめていた…

ぺろぺろと。

陰部への感覚はひときわ気持ちよくて、

もっと。。

しつこいクンニで、もっとほしくなってきちゃって…

と彼の手首を掴みリクエストしてみた。

彼は、無言で舐めつずけている。

ぺろぺろと。。

ああーー、もっと奥に刺激が欲しい。

ねえ、それ入れて欲しい。

正直にそうして直接的に伝えてみた…入れて欲しいと。

いいよ

と、彼は返事をし、そして無言で挿入へ。

ああん、今まで不足していた何かを補われたような、この安定感。。

入れたままで動かない状態も気持ちいいけれど、入れた状態でピストン運動されたい。。

ねえ、好きに動いてみて。

そうお願いしてみた。

彼のピストン運動は、ゆっくり、ゆっくり。そうして徐々に動きが早くなり、ついに。。

ああん。そんな激しくしたら壊れちゃうよ…

壊れちゃう、壊れちゃう…

巾着が避けるように感じて、つい彼の腕をきつく掴み叫んだ。。

はあはあ。呼吸も荒く。。

腰を浮かして、あそことあそこを結びつけてピストン運動へ。

彼の方も運動不足の解消とばかりに、激しく腰を動かした…

ドピュ…出ちゃった…

思ったよりも早く、射精された…

膣から抜いたあそこの先には、どっぷりと白い体液がついており、彼のものから雫が滴り落ちていた…

はあはあ…

彼から流れている白いミルクを口の方へと入れて見たくて、先っぽを手に持った。

はあ…結構いいかも…

口につけて、先っぽをチュウと吸いついた。

男のミルクの匂いはまるで濃厚で、汚れた雑巾のような臭い。

なのに、欲しいと思うなんて、どうかしてるのかも。

そして、エッチが終わり洋服に着替えた。

あなたにおすすめの記事