クリスマスに一人きりで過ごすなんて耐えきれない、お正月に一人きりで過ごすなんて。。

都会ではお正月に1人で過ごす女性が耐えきれず。。。ということもあるらしい。

それほど女にとって、都会でひとりきりというシチュエーションは耐えきれないものだと思う。

その時感覚が鈍り、出会い系サイトへと足を踏み出した。

相手は獣医師とか名のったけれど、本当かどうかは不明。

見た目はおじさんでも、ちょっと子供っぽい精神状態のようだった。

エッチを始めたら、急に子供帰りをしたみたいで甘えた表情、甘えた声、甘えた態度。

えー正直こういうの苦手だなあ

って思いながら…逃げたくなった。

その日、あたしはクリスマスっぽいワンピースをきていて、可愛くしていた。

気分はるんるんとしており、男に優しくされたいっていう気分、エッチな方面も勝負下着できたし、その気になっていた。

男にはエスコートされて、気分がよくなる、あま?い甘い言葉をささやかれて…そんなふうに思いながら…でも。

フェラしてあげようか。

クリスマスに一人きりが嫌で、おじさまとホテルに行って…

母性の強いあたしは、迂闊にも言ってしまう。

一方で、彼の表情は微妙。

まだフェラさえされた経験がないのかそれとも、過去に苦い経験があるのか…

彼に聞く気もなく、淡々とスタートした。

あれは、、そこそこ小さめかなというサイズ。

でも、男って自分のものは大きいって思いたいらしいので、大きいねっていうスタンスで。。

はあ…まるでこもりをしているような気分に…

あたしは男とエッチがしたいっていうのに…適当に終わらせてホテルを出よう。

チュパ、クチュウ。

嫌らしい音が耳に、部屋にと響いた。

自分が立てている音なのに結構恥ずかしい。。

そうして口でなめたり、咥えたりとしているうちに、早々と射精に至った…

出た。。

彼の方もちょっと、情けないなあっていうような表情をしている。

大好きな彼氏相手なら、そんな情けない表情を見ても、されても、受け入れることができるけれど…

そうではないし…そういう感じで…彼とあたしの関係は終えた。

受身と言っても限度があるし、マグロという表現は女子オンリーに使われるものではないらしい…

ということもよくわかった…

あれから彼は、他の女性にも甘えているみたい。

特定の彼女を作ることもなく、周囲の人(もちろん女性)に気まぐれに甘えているみたい。

そんな人はせっかく出会って、お互いがフリーであっても、一切交際には発展しない(したくない)ので、残念だったとは思う。。

あなたにおすすめの記事