出会い系での運命の出会いをした。

でも彼の第一印象はパットしない感じだった、相手は一目惚れ見ただったようだけど。

積極的に話をあわせてくれて、ノリがいいなって思っていて恋人としてデートを楽しんでいたけれども、ついに彼にホテルに連れて行かれることに。

彼に胸を揉まれて本当は気持ちいいのに、恥ずかしくて声が出せない。

でも理性的な私でも本能で淫らになる瞬間はある、

そして、そんな私のアソコに彼のペニスが挿入されたとき、その快楽は想像を超えていた。

本能で淫らになった私に彼のペニスが挿入されたときの快楽は想像を超えていた

彼とあたしの出会いはいわゆるカフェ・デートだった。

正確には出会い系サイトを通した運命の出会い。

あたし、まりえからの第一印象は

うーん、こういうタイプの男性もいるのか。。。

ただそれだけのこと。

でも、彼、大ちゃんの方は一目惚れしたみたい。

積極的に話を合わせてくれて…なんとなーくノリがいいなって思って…

そういうことで2人が付き合うことに。

最初のデートはぶらぶらと街デートをしたりして恋人らしく楽しんでいたけれど…ついに…彼とあたしのデート日和も日がくれてしまい…

これからどうする?

う、ん、ホテル行こうか

ホテル?

まだ心の準備ができないけれど。

まあなんとかなるかとオッケーしてしまった。

ホテルへは車で向かい、彼が全てチェックインを。

まりえはただ彼の後方をついてゆくのみ。。。

まだ実感もないし、ムラムラとしている状況でもなかったけれど…

女のこって、ホルモンバランス次第でムラムラできる時と、できない時期があって…はあ…まりはひとりつぶやいてしまう。

大ちゃんが無言で目の前にたち、服を脱がせてくる。

その顔、目つきは真剣そのもので、覚悟を決めることにした。

するりとした美しい肌がみえた瞬間にまりえは

やだあ

と小さな声をあげてしまう。

やだあ…恥ずかしい。

大ちゃんはそんな声さえも耳には届いておらずに、真剣な目で抱きついていた。

胸の前には彼の顔が…まりえだってビデオくらいは見ていた。

女優が男に胸を揉まれているそんな光景を目にしていた。

まさに自分の胸の前に男の顔が…。

貪るようにブラに顔を埋めてくる。

洗い吐息がまりえの肌にかかる。

はあはあ…

男が自分を見て興奮を覚えている様子。

はあはあ…。

あっん

まりえは窮屈な苦しさを覚えて声を漏らす。

本当はすごく気持ちい。

でも、恥ずかしくて、どういう声を出せばいいのかわからなくて…

それまで理性的で頑固にも体裁を保ってきた女のこが、本能で淫らになる瞬間がある。

はああん。気持ちい。

大ちゃんの体の重み、そうして大ちゃんの息つかい。

ただそれだけで女としての心地よさを感じていた。

気持ちい。。

そうして、大ちゃんのものがいよいよ…すべて彼にまかせていると、勝手に入ってきていた。

スルスルと、体の奥の奥の方へと生暖かいものが入ってくる。

あっ。。気持ちい。

その快楽は想像を超えて気持ちのいいもの…はあん。

女のこに生まれてきてよかったの…とろけてしまいそうになりながら…いってしまった。

フィーリングでエッチしちゃった。

あなたにおすすめの記事